【レポート】

「2016年冬ドラマ」19作を初回視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ

木村隆志  [2016/01/28]

19作品がそろった2016年の冬ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていきます。

別記事(「2016年冬ドラマ」傾向分析&オススメ5作! オリジナルの力作ぞろい、"重苦しいムード支配"の背景)において、冬ドラマの主な傾向を[1]意欲的なオリジナル作がズラリ [2]再び名脚本家が集結 [3]暗く重苦しいムードに支配 [4]ドラマに恋と結婚が帰ってきた [5]同枠ドラマの痛み分けと限界 の5つと分析。

オススメドラマとして、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系 月曜21時)、『わたしを離さないで』(TBS系 金曜22時)、『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系 火曜22時)、『オミとカナコ』(フジテレビ系 木曜22時)、『ちかえもん』(NHK 木曜20時)の5本を選びました。

本記事では、それらの作品を含む、今クール全作品のひと言コメントと採点(3点満点)を紹介していきます。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 月曜21時~ フジテレビ系

有村架純

出演者:有村架純、高良健吾、高畑充希ほか
寸評:主演級の若手俳優をズラリそろえたストレートな恋愛群像劇は、スタッフの覚悟と純粋さの表れか。初回から無理矢理飛ばしすぎず、2人の出会いを丁寧に描いたのは、今後の共感や応援を呼び込むための好ステップ。坂元脚本らしい長ゼリフやセリフの応酬も楽しめる。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『お義父さんと呼ばせて』 火曜22時~ フジテレビ系

遠藤憲一

出演者:遠藤憲一、渡部篤郎、蓮佛美沙子ほか
寸評:いかにも出落ち感の強そうなネタとキャスティングながら、決して飽きさせないのは、林宏司が手がける脚本の妙。年の差婚はあくまでフェイクであり、中年男たちの希望と悲哀を描いているのが面白い。ダブル主演はもちろん、おじいちゃんに至る家族全員がハマリ役。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『ダメな私に恋してください』 火曜22時~ TBS系

深田恭子

出演者:深田恭子、ディーン・フジオカ、三浦翔平ほか
寸評:目玉はディーンのドSメガネキャラ。朝ドラから一転した役柄で、持ち前の多才ぶりを見せている。ヒロインの深田も十八番のおバカ役だけに安定感十分。ポイントは、「ヒロインをどれだけ魅力的に描けるか」だが、マンガ原作からの大胆なアレンジがなければ厳しい。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『愛しくて』 火曜22時~ NHK

田中麗奈

出演者:田中麗奈、吉田栄作、秋吉久美子ほか
寸評:30歳と60歳の女が43歳の男をめぐってバチバチの恋愛バトル。自然やノスタルジーを感じる岐阜の風景と相反する、不穏なムードで覆い尽くされている。情熱的になるほど、悪い感情が芽生えるほど、ドロドロな展開へ。暗い過去を持つヒロインを田中が好演している。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『ヒガンバナ ~警視庁捜査七課~』 水曜22時~ 日本テレビ系

堀北真希

出演者:堀北真希、檀れい、高梨臨ほか
寸評:多彩なスキルと性格を持つ女性刑事たちのキャラクタードラマ。主要キャストが多い分、セリフの応酬でハイテンポを生み出す展開は、いかにも現代的な刑事モノ。クールな演出でカッコよさを追求しているが、そもそも「事件現場の声が聞こえる」設定は既視感が強い。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『フラジャイル』 水曜22時~ フジテレビ系

武井咲

出演者:長瀬智也、武井咲、野村周平ほか
寸評:主人公は、日ごろ脚光が当たらない病理医だが、そのキャラはスーパードクター。次々と患者を救う展開は爽快感がある一方、病院関係者との争いが過剰に映る。病院内での身内バトルは、患者が生還した感動を減らすだけであり、決めゼリフも含めた勧善懲悪の演出は疑問。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『悪党たちは千里を走る』 水曜23時53分~ TBS系

ムロツヨシ

出演者:ムロツヨシ、山崎育三郎、黒川芽以ほか
寸評:「天才犯罪者の指示で、誘拐犯になる」荒唐無稽な話だが、「誰が味方で誰が敵か」、全く見えないミステリーとして楽しめる。偏屈な男を演じるムロのハイテンションが目につくのは、不穏な展開とのコントラスト。若いスタッフらしく、終盤の謎解きまで突っ走れるか。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『ちかえもん』 木曜20時~ NHK

青木崇高

出演者:青木崇高、優香、松尾スズキほか
寸評:「『曾根崎心中』の誕生創作ドラマ」という時代劇の可能性を試すような野心作。作者・近松門左衛門と万吉の絡みはもちろん、登場人物の全てが生き生きとした姿を見せている。脚本・演出ともに遊び心と色気があり、最後まで大阪らしい人情と笑いで楽しませてくれそう。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『スペシャリスト』 木曜21時~ テレビ朝日系

夏菜

出演者:草なぎ剛、南果歩、夏菜ほか
寸評:4度の特番をステップに、満を持しての連ドラ化。「服役経験を生かした犯罪心理のスペシャリスト」という設定は相変わらず効いているし、仲間が増えてチーム戦の醍醐味も生まれた。1、2話ともに大胆な脚本が光り、主人公の冤罪事件をめぐるミステリーにも期待大。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ナオミとカナコ』 木曜22時~ フジテレビ系

広末涼子

出演者:広末涼子、内田有紀、佐藤隆太ほか
寸評:このところ視聴率が取れないシリアスサスペンスに挑む意欲作。90年代アイドルの2人が時を経て、大人の演技を存分に見せつけている。展開を急ぐあまり、2人の人柄や友情の描写が浅いのは気がかりだが、勝負はこれから。犯行後は、手に汗握る展開が楽しめるはず。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『マネーの天使 ~あなたのお金、取り戻します!』 木曜23時59分~ 日本テレビ系

片瀬那奈

出演者:小籔千豊、片瀬那奈、葵わかなほか
寸評:「普通の人が銭ゲバの悪党を退治して、タダでお金を取り戻す」という定型の物語だけに目新しさはないものの、消化不良の心配もなし。小藪を主演に据えるのは賭けである一方、ユニークなメキシコ料理や店員のアイドル女優など、深夜向けのアクセントはしっかり。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室』 金曜20時~ テレビ東京系

小泉孝太郎

出演者:小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実ほか
寸評:「空気は読めないけど、事件は読める」、小泉のキャラが初回からいきなりフィット。『下町ロケット』の悪役以上に生き生きとした姿を見せている。「ゼロ係」「なんでも相談室」の設定は既視感が強いが、それが同枠の方針。初回が1話完結でないのはもったいなかった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『わたしを離さないで』 金曜22時~ TBS系

綾瀬はるか

出演者:綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみほか
寸評:挑戦を続ける『金曜ドラマ』らしい重厚感ある作品。実績十分のスタッフと、実質的なトリプル主演で、品質的な心配は全くないが、重苦しい展開が続くだけに、見る側の耐久力と想像力が問われる。裏番組のジブリ攻勢で視聴率は苦しいが、結末まで見守る価値はあるはず。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

『東京センチメンタル』 金曜24時12分~ テレビ東京系

吉田鋼太郎

出演者:吉田鋼太郎、高畑充希、小栗旬、片桐仁ほか
寸評:「中年男が東京の街を美女とデートしてフラれる」という寅さん的なコンセプト。週替わりの美人女優をキレイに撮るべく、さまざまな角度から、うなじに至る細部までにクローズアップしている。揺れに揺れる主人公の心の声と、高畑のオヤジツッコミが作品の生命線。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『怪盗 山猫』 土曜21時~ 日本テレビ系

広瀬すず

出演者:亀梨和也、成宮寛貴、広瀬すずほか
寸評:「痛快エンタメ作」を作るべく、アクション、サスペンス、ヒューマンなどをかけ合わせて欲張ったドラマ。メインの3人に加えて、佐々木蔵之介、菜々緒らをそろえた助演も多彩で、同枠にしてはシリアスも色濃い。一見チャラい山猫も、「武士道」の骨太さで魅力を表現。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『逃げる女』 土曜22時~ NHK

水野美紀

出演者:水野美紀、仲里依紗、遠藤憲一ほか
寸評:冤罪、裏切り、暴力的な尋問など、不穏なムードで満ちた作品は、NHKにしかできないもの。鎌田敏夫脚本らしい複雑な心理描写をキャストが悲壮感あふれる熱演。「争ったり寄り添ったり。でもどこかに愛を感じる」水野と仲の不思議な関係性と距離感は見応えがある。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『傘をもたない蟻たちは』 土曜23時40分~ フジテレビ系

桐山漣

出演者:桐山漣、加藤シゲアキほか
寸評:原作の短編小説を連ドラにしただけに、各話のつながりに違和感が残るが、回想と妄想をベースにした筋書きはいかにも深夜にフィット。ファンタジーもブラックもハートフルも詰め込んだ。ただ、原作者を主要キャストに組み込むのは、現場も視聴者もやりづらそう。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

『家族ノカタチ』 日曜21時~ TBS系

上野樹里

出演者:香取慎吾、上野樹里、西田敏行ほか
寸評:結婚に対する考え方、主要キャストのキャラ、嫌々振り回される展開など、いずれも「今さらなぜ?」と感じるコンセプト。ポイントは、現代の未婚者らしいリアリティと、この作品ならではの結末を見せられるか。スタッフもキャストもまだ本来の力を出し切れていない。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』 日曜22時30分~ 日本テレビ系

斎藤工

出演者:斎藤工、窪田正孝ほか
寸評:危険&セクシー担当の斎藤に対して、軽妙&キュート担当の窪田。王道のバディモノであり、斎藤&窪田のコンビは定番ながら魅力であふれる。漫画原作の多い同枠らしく、CGやテロップの多用などの技術面も含めて、ビジュアルで楽しませる推理ドラマで安定感十分。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技84』など。

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 910gの薄型12.5型モバイルPC、写真で見る「ZenBook 3」
[03:08 5/31] パソコン
[アイマス]新作「プラチナスターズ」とローソンがコラボ グッズやイベント招待も
[00:00 5/31] ホビー
スネに傷持つゴルファーが秘境で運命の出会いを果たす、「オーイ!とんぼ」
[23:47 5/30] ホビー
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
「さんてつ」の吉本浩二、聴覚障害を題材にしたドキュメントマンガ1巻
[23:10 5/30] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR