【レポート】

今週の秋葉原情報 - ドスパラパーツ館が新装開店、注目の新型HMD「VISION」は発売も即完売

1 新生パーツ館が堂々オープン! / Mini-ITXに特化した水冷クーラー

 
  • <<
  • <

1/3

新生パーツ館が堂々オープン!

前回お伝えしたように、ドスパラパーツ館が旧秋葉原別館へと移転統合、23日(土)に、予定通りオープンした。新パーツ館の場所は、旧パーツ館から地下鉄末広町駅方面に60mほど歩いたあたり。旧パーツ館に比べると、奥行きが半分程度になった印象だが、前面にオススメ商品の紹介コーナーがあるなど、初心者にも優しい雰囲気だ。

新パーツ館がオープン。1F入り口には「店長おすすめパーツ」のコーナー

パーツショップではお馴染みの価格表がデジタル化されているのは面白い

新パーツ館の売り場は3フロア構成。1Fではマザーボード、CPU、メモリ、SSD/HDD、OS、2Fではグラフィックスカード、電源、ケース、冷却パーツ、光学ドライブなどを扱う。3Fも半分ほどのスペースで、キーボード、マウス、液晶ディスプレイ、サプライなどを扱い、残りは上海問屋の売り場となっている。

1F売り場。CPUやマザーボードなど、基幹パーツが販売されている

自作セットも用意されている。選び方がよく分からない初心者にも便利

2F売り場。グラフィックスカード等のパーツのほか、ベアボーンも

3F売り場。半分は上海問屋だが、上海問屋ブランドのPCパーツもある

なお、パーツ館の移転統合にあわせ、秋葉原本店の2Fもリニューアルされており、旧パーツ館で扱っていた上海問屋の一部商品はそちらに移転されている。今後、上海問屋は2カ所での営業となるが、新パーツ館3Fと秋葉原本店2Fで扱う商品は基本的に異なるということなので、商品を探す際には注意してほしい。

ところで、気になるのは旧パーツ館のビルがどうなるかということだが、今回の移転は賃貸の契約切れが理由とのことで、ドスパラ側にも今後の動向についての情報は入ってきていないそうだ。

Mini-ITXに特化した水冷クーラー

Corsairの「Hydro Series H5 SF」は、Mini-ITX向けのコンパクトな水冷CPUクーラー。オールインワン型となっており、メンテナンスフリーで利用できるが、注意して欲しいのはケースとの物理干渉。もともと、同社製の小型PC「Bulldog」向けに設計されたものなので、互換性はあまり考えられていない。かなり上級者向けの製品と言えるだろう。

Corsairの「Hydro Series H5 SF」。マザーボードの全面を覆う大きさ

12cm径のブロワファンを内蔵。本体はマザーボード側に固定する方式だ

H5 SFは光学ドライブのような外観。内蔵のブロワファンで空気を取り込み、リア側から排気する仕組みだ。ケースを選ぶ際には、ラジエータが各部に干渉しないか、エアフローは問題ないか、などを考慮する必要がある。なお代理店であるリンクスインターナショナルは、推奨ケースとして「Obsidian 250D」の名前を挙げている。

H5 SFの厚さは57mm。設置時の全高はわずか84mmで、小型のMini-ITXケースでも水冷システムの構築が可能になる。ファンの回転数は1,000~1,800rpm、ノイズレベルは36~42dBA。1月30日の発売予定で、予価は14,500円前後となっている。オリオスペックとTSUKUMO eX.にサンプルが入荷しているので、気になる人は店頭でチェックしよう。

コンパクトに水冷化が可能だ。CPUはIntel/AMDに両対応している

リア側から排気。このあたりがメッシュになっているケースが理想的

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 新生パーツ館が堂々オープン! / Mini-ITXに特化した水冷クーラー
(2) 期待の新型HMDが発売も瞬殺 / ボタン位置を変えられるマウス
(3) 内蔵HDDよりも安い外付けHDD / 両端がリバーシブルで逆差しゼロ
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【コラム】東武鉄道の車両・列車 第6回 200型「りょうもう」台鉄自強号「普悠瑪」デザインに
[17:30 6/25] ホビー
クリス・ブラウン、マネージャーへの暴力で訴えられる
[16:39 6/25] エンタメ
和田アキ子、覚せい剤&不倫の高知容疑者をバッサリ「どうしようもない」
[16:15 6/25] エンタメ
「咲-saki-」スピンオフ第5弾、BGにて開幕!園城寺怜が主人公の物語
[16:15 6/25] ホビー
ジャンポケ斉藤、念願の連ドラレギュラー出演「気持ち悪い部分を出せたら」
[16:04 6/25] エンタメ