【レポート】

日本の知られざる技術をオンラインで - Google、日本の工芸品を世界に紹介する「Made In Japan:日本の匠」

 

Googleは26日、文化や芸術をオンラインで保存する取り組み「Google Cultural Institute」にて、日本の工芸品を世界に向けて紹介するプロジェクト「Made In Japan:日本の匠」を開始した。

Made In Japan:日本の匠(Google Cultural Instituteより)

「Made In Japan:日本の匠」では、西陣織や京薩摩、九谷焼、輪島塗など、さまざまな日本の工芸品を展示するプロジェクト。立命館大学アート・リサーチセンターや青森県庁など6施設の協力を仰ぎ、27都府県から工芸品82種をオンライン展示する。

工芸品は高画質の写真や動画、テキストで閲覧できるほか、作品の歴史や制作過程といった、背後のストーリーの紹介にも重きをおいた。展示は工芸品個別のページから閲覧できるほか、日本地図上で表示された産地をクリックすることでも表示できる。

歴史や素材、制作工程も紹介

着物で発表会に臨んだGoogle Cultural Institute統括責任者のアミット・スード氏

Google Cultural Institute統括責任者のアミット・スード氏は、京都「西陣織」のファンだという。しかし、長い間、西陣織の素材や制作の様子など、西陣織にまつわる背景のストーリーについて、情報が少ないこともあり、英語での理解が難しかった。

今回公開した「Made In Japan:日本の匠」は、写真や動画、テキストなどで、工芸品そのものだけでなく、その工芸品にまつわる歴史や素材、開発過程、現在の状況といった"ストーリー"を理解しやすいことが特徴という。これにより、海外向けに単に日本の工芸品を紹介するだけでなく、より多くの人が西陣織の着物がどういう意味を持つものなのか、理解できるようになる。

アミット氏によると、一つの国にフォーカスして、有名・無名の工芸品と、そのストーリーを紹介するようなデジタルアーカイブは初だという。イタリアにフォーカスした「Made In Italy」というコンテンツもGoogle Cultural Instituteで展示しているが、こちらは農業にフォーカスしたもので歴史や制作過程といったストーリーの紹介もなく、「全く別のもの」とする。

「Made In Japan:日本の匠」に展示されている西陣織(Google Cultural Instituteより)

制作過程が丁寧に紹介されている(Google Cultural Instituteより)

日本におけるGoogle Cultural Instituteの展開

「今、頑張っている工芸品を取り上げたい」

文化財や工芸品のデジタル化を進める立命館大学アート・リサーチセンター客員協力研究員で、京都女子大学の前﨑信也氏は、今回のプロジェクトに関わった中心人物の一人。「Made In Japan:日本の匠」の内容について、工芸品を制作する過程の写真がほぼないことなどから、「とにかく綺麗な画像を見られる」ようにし、そして「どのようなプロセスで、どんな材料で作られているか、ぱっと見てわかるようなサイトを作る」ことを目指した。

立命館大学アート・リサーチセンター客員協力研究員で、京都女子大学の前﨑信也氏(左)と、アミット・スード氏(右)

「Made In Japan:日本の匠」の参加パートナー

「Made In Japan:日本の匠」内の各展示は、高解像度写真とテキストで構成され、一部展示には動画も使われる。プロジェクトは2015年夏頃から開始し、博物館や美術館といった施設と協力し、展示品の写真や動画の提供を受けたり、工芸品を撮影したりした。展示品の選定はGoogle側でなく、協力パートナーが担当するが、明確な基準は設けない。今後、「Made In Japan:日本の匠」を見た、工芸品関係者からの展示希望も受け付ける。

第1弾となる82種の工芸品は、海外向けを視野に、「日本文化を海外に発信するときに注目されるもの」を選んだ。展示のオファー自体は100程度行っているが、時間的な制約があり、(夏頃から始まったプロジェクトのため)提供開始に間に合うとして進められたものが展示されている。前﨑氏は「地域のおじいさん一人でやっているところも入れようと思った。今、頑張っている工芸品を取り上げたい。玉石混交でもいいと思っている。今後、何を発信していくかが大事だ」と、今後の展望を語った。

「Made In Japan:日本の匠」発表会では、Googleスタッフが着物で登場

工芸品をテーマに、盆栽や酒樽も置かれていた

公開は26日から。対応言語は日本語、英語。展示する工芸品は下記の通り。

青森県 こぎん刺し、津軽塗、南部裂織、ブナコ、あけび蔓細工、津軽金山焼、八幡馬、きみがらスリッパ
秋田県 川連漆器、樺細工、大舘曲げわっぱ
宮城県 堤焼乾馬窯、仙台箪笥、玉虫塗
山形県 深山和紙、月山和紙
新潟県 越後門出和紙
石川県 珠洲焼、山中漆器、九谷焼、輪島塗、大樋焼
富山県 悠久紙
群馬県 木工芸
栃木県 栃木 竹工芸、益子焼
埼玉県 江戸蒔絵、盆栽
東京都 自在置物、江戸指物、江戸からかみ、江戸結桶、和更紗、紅
神奈川県 箱根寄木細工、日本の甲冑、日本の組紐
静岡県 駿河竹千筋細工
愛知県 瀬戸焼、常滑焼
三重県 伊勢型紙、伊賀焼
岐阜県 美濃焼
京都府 京焼、朝日焼、和鏡、京友禅(手描き)、京友禅《型友禅》、西陣織、京つげ櫛、花かんざし、黒谷和紙、京漆器、京唐紙、京薩摩、京繍、印籠、京七宝、芝山象嵌
大阪府 堺 竹工芸
奈良県 赤膚焼、奈良墨
滋賀県 信楽焼
兵庫県 丹波焼、出石焼、赤穂緞通、日本刀
広島県 宮島御砂焼、熊野筆
岡山県 備前刀
香川県 讃岐かがり手まり
山口県 萩焼
福岡県 日本の線香花火、蒲池焼、明治時代の有田焼、加茂人形、雛調度、蒔絵盃、小笠原流折形、芦屋釜
熊本県 肥後鐔、山鹿灯籠
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事