【レポート】

人工知能はビジネスシーンの何を省くか

1 人工知能が奪う業種

 
  • <<
  • <

1/3

「人工知能」という単語について、どう感じられるだろうか。多分にSFな響きを伴うIT分野のキーワードだが、実はすでに、ITとは直接関係のないビジネスシーンにおいても関係の深いものになりつつある。人工知能によってビジネスシーンはどのように変わっていくのだろうか。これからの人工知能とビジネスの関わり方について考えてみよう。

人工知能によって多くの業種が必要なくなる?

人工知能は以前から研究が進められていたが、話題を集めるようになったのは2012年。国際的な画像認識コンテストである「ILSVRC」(ImageNet Large Scale Visual Recognition Contest)において、「ディープラーニング」と呼ばれる手法が従来型の機械学習を大幅に上回った。

2012年の「ILSVRC」で画像分類のテスト結果。画像内「Error (5 guesses)」に注目。カナダのトロント大学のSuperVisionというチームがエラーを15%、16%台に押さえた。2位の東京大学のISIチームのエラーは26%台だっため、大差がついた(IMAGENET 2012年リザルトより)

このディープラーニングが画像認識だけでなく、音声認識や自然言語処理といった分野においても有効であることがわかり、国際的な研究機関や大企業が開発に続々と参入し、まさに日進月歩の勢いで進化が進んでいる。すでに画像認識においては、人工知能が人間の認識率を上回るまでになっているのだ。

技術が発展することにより、従来人間が処理していた作業を人工知能が肩代わりできる分野が増えている。人工知能は人間よりも処理速度が速く、数万件のデータを瞬く間に処理できるだけでなく、疲れ知らずだ。

英研究者の論文が話題に

カール・ベネディクト・フレイ氏とマイケル・A・オズボーン氏の論文「The Future of Employment: How Susceptible are Jobs to Computerisation」をもとに作表。英国での職業も含まれるため、日本にない職業は割愛

技術が進歩するにつれて、人間が仕事を奪われるという恐れもある。たとえば近年話題になっている自動運転車も一種の人工知能と呼べるものだが、人工知能は人間のようにアクセルとブレーキを踏み間違えたり、居眠り運転するということもない。お釣りをごまかすこともないのだから、タクシードライバーとしては最適だろう。

人工知能の進化を前提に、英オックスフォード大学は702種類もの業種を詳細に検討し、約40種の職業が、10~20年の間に90%以上の確率でコンピュータにとってかわられるという衝撃的な論文を発表している。

単純作業はともかく、事務や専門知識の必要そうな審査・調査なども含まれているのは驚かれたのではないだろうか。上記のリストには、現在の技術では実現が難しいものも含まれているが、人工知能の進化の速度を考えれば、数年内に置き換わられても不思議ではないというわけだ。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 人工知能が奪う業種
(2) HUEの例から読み解く人工知能の力
(3) 人工知能はビジネスシーンの何を変えるか
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事