【レポート】

大盛況だった「ウェアラブルEXPO」からウェアラブルの未来を読み解く

1 スマートグラスがトレンド?

 
  • <<
  • <

1/3

1月13日~15日まで、東京国際展示場(東京ビックサイト)で「ウェアラブルEXPO」が開催された。大盛況のうちに幕を閉じた同イベントから、活動量計やスマートウォッチなどの普及で市民権を得たウェアラブルデバイスの未来像に触れてみよう。

次に来るデバイスはスマートグラス?

ウェアラブルEXPOは、リードエグジビジョンが主催する業界関係者向けのショーだ。基礎技術や部材などの展示・紹介と商談がメインで、最終製品そのものの展示は少ないか、あっても業務用が中心となり、一般ユーザーにとって馴染みの深い内容ではない。とはいえ、展示品の傾向を見ていけば、業界全体のトレンドや方向性をつかみやすいという点もある。

今回の展示全体では、スマートウォッチや活動量計のようなリストバンド型はあまり目立たず、最もよく姿を見かけたのはメガネ型のスマートグラスだった。業務用製品が多いのだが、作業中で両手がふさがった状態でもディスプレイを見たい、という要望に応えた製品が多い。

  • メガネスーパー

メガネスーパーの「b.g.」は、メガネ量販チェーンから登場したということで大きな注目を集めており、筆者は最後まで触れなかったほど。通常のメガネにアドオンするかたちでディスプレイを取り付けるタイプのスマートグラス。当初はB2B向けからスタートする模様。

  • ブラザー: エアスカウター防水

シャープはすでに発売済みの「エアスカウター」の防水防塵耐衝撃タイプを展示。既存ユーザーから防水・耐衝撃などアウトドア仕様への要望が大きかったとのこと。コンセプトモデルではあるが製品化の可能性は高そうだ。

  • 東芝

東芝からは、ハーフミラーレンズを使ったメガネに装着する小型のウェアラブル端末「Wearvue」。表示はすべてメガネのレンズに投影されるため、AR的な使い方も可能。

  • シャープ

シャープは片メガネタイプのスマートグラスを展示。見た目はSF風で個人的には好きだが、これを付けたまま歩き回りたいか聞かれると……。

  • ボストンクラブ

メガネの企画・デザインなどを行うボストンクラブが展示した、メガネにデバイスを装着する際の脱着マウント「neo-plug」。規格化することでアドオンタイプのデバイスを統一しようという試みは面白い。

  • カラーリンクジャパン

「スマートサングラス」は、自動車の運転中などに太陽が目に入ると眩しいため、強い光源が当たると視界の上1/3程度にシャッターを表示してくれるサングラス。朝夕と昼間では太陽の高さが違うため、光の色などから時間帯を判別してシャッターの高さを調整してくれる。

***

コンシューマ向けの製品として展開する予定がないためなのか、各社とも形状や重さ、使い勝手の面などで、一般向けには受け入れにくいと思わせるものが多い。個人的には、今「スマートグラス」として登場しているものの大半はただのヘッドマウントディスプレイにすぎず、スマートグラスと呼ぶのは正しくないと思っている。そういう意味では、カラーリンクジャパンの「スマートサングラス」は本当の意味で「スマートな」サングラスだったと思う。

スマートグラスがただの表示デバイスを超え、本当の意味でのスマートなウェアラブルデバイスになるには、液晶やバッテリーなどの進化などをもう1つ2つ経てから、ということになりそうだ。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) スマートグラスがトレンド?
(2) 通電繊維も目立つ
(3) ほかにもユニークな製品が
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

木南晴夏、滝沢秀明演じる海里の妻役に -『せいせいするほど、愛してる』
[23:00 7/26] エンタメ
坂上忍、南キャン山里の酒癖の悪さ暴露「あれはヤバイ」「最低だよ!」
[22:54 7/26] エンタメ
[浪川大輔]リメーク版「ルーツ」吹き替えしみじみ 「行き当たりばったりの人生だったな」
[22:31 7/26] エンタメ
[ボイメン水野豊]夢は紅白&レコ大 結成6年目のメジャー契約で「恩返ししたい」
[22:31 7/26] エンタメ
ツチカ、error403らユースカ作家が、閉館する渋谷パルコの壁に落描き
[22:23 7/26] ホビー