【レポート】

東芝「dynabook」2016年春モデル、Windows 10アップデートやSkylake搭載

1 春は7モデル、スマホ連携機能を強化

 
  • <<
  • <

1/4

東芝は19日、2016年春モデル新製品として、15.6型ノートPC3モデル、17.3型ノートPC1モデル、デスクトップPC3モデルを発表した。この他のモデルは継続販売する。発売は1月22日から順次。価格はオープンで、店頭予想価格は税別130,000円前後から。

東芝の2016年春モデルのひとつ、15.6型ノートPC「dynabook T75」サテンゴールド

ラインナップを絞った2016年春モデルでは、日本語版Cortanaを正式搭載した「Windows 10 November update」を全モデルに搭載。また、ノートPCを中心にCPUをSkylakeへブラッシュアップした。

ソフトウェア面では、PCでスマートフォンを管理できる「sMedio TrueLink+ Phone」機能を新搭載。PCとスマートフォンを同一ネットワークの無線LANで接続し、電話着信の表示やSNSの返信などがPCで行えるほか、電話内に「Skype」アプリIDが登録されていれば、PC内のSkypeと自動で連携し、PCから手軽にSkypeoutで電話をかけられる。また、電話内の写真や動画、音楽コンテンツを手軽にPC側で表示、再生できる。

sMedio TrueLink+ Phoneのイメージ図

また、動画、写真編集ソフトウェアとして、CyberLinkの「PhotoDirector 7 for TOSHIBA」や「PowerDirector 14 for TOSHIBA」、SeeQvault対応の「SeeQVault Player」などをプリインストールする。プリインストールのメディアプレイヤー「TOSHIBA Media Player」に、ハイレゾ音源サイト「e-onkyo music」を表示する機能追加も行った。このほか、全モデルでMicrosoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスが付属する。

東芝製PC「dynabook」2016年春モデルのラインナップ概要は下記の通り。次ページからは、各シリーズの詳細を紹介する。

東芝製PC「dynabook」2016年春モデル
製品カテゴリ モデル名 価格 店頭予想価格(税別) 発売日
15.6型ノートPC dynabook T75 オープン 190,000円台半ば 1月22日から順次
dynabook T55 160,000円前後
dynabook T45 130,000円前後 1月29日から順次
17.3型ノートPC dynabook T67 180,000円台半ば 1月22日から順次
21.5型デスクトプPC(TV機能付) dynabook D71 210,000円台前半 1月29日から順次
dynabook D51 160,000円台半ば
21.5型デスクトプPC dynabook D41 150,000円前後
  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 春は7モデル、スマホ連携機能を強化
(2) 主力A4ノートPC、dynabook T75/T55/T45
(3) 17.3型大画面ノート「dynabook T67/U」
(4) 21.5型デスクトップPC「dynabook D」
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事