【レポート】

写真で見る富士通春モデル - Core i7-6700T搭載の小型デスクトップ「ESPRIMO WD1/X」の中身は?

 

富士通は18日、同社PC製品の2016年春モデルを発表した。個人向け製品は、店頭が3シリーズ7機種、カスタマイズできるWebモデルは5シリーズ5機種で展開する。

店頭モデルでは、同社初の4Kディスプレイを搭載したハイエンドノートPC「GRANNOTE」や、着脱式の12.5型タブレットPC「arrows Tab RH77/X」が注目機種だが、Webモデルでは、テレビに接続できる小型デスクトップPC「ESPRIMO WD1/X」(WD1/X)が面白い。

2016年春モデルで登場した小型デスクトップPC「ESPRIMO WD1/X」

いまやレガシーな(しかし法人需要のある)PS/2インタフェースを備えたWD1/Xは、法人向けに展開している既存モデルが、2016年春モデルで個人向けに落ちてきたモデル。小型のきょう体や幅広いインタフェースに加え、CPUに35Wの定電圧版Skylakeを採用する性能の高さ、そしてドライバ一本で側面を簡単に開けられるアクセス性の高さもポイントだ。

富士通は、テレビにつなげるスティック型PCは一定数のニーズがあるが、スティック型PCの非力なスペックではものたりないユーザーに向け、「デスクトップ同等の性能ながら、テレビに接続できる小型モデルを提供した」と説明する。本稿では、WD1/X(試用機)の外観を写真で紹介していく。

本体サイズはW55×D191×H186mmで、外付ハードディスク並みの小型サイズ。B5ノート(182×257mm)と比べてみると、縦幅は小さく、横幅は少し大きい。本体側面には富士通ロゴが刻まれている

本体前面。USB 3.0×2、電源ポート、光学ドライブ、イヤホン端子/マイク端子が搭載

本体背面。D-SubやDisplayPort、DVI-D、HDMI、Gigabit対応有線LAN、USB 3.0×2、USB 2.0×2、そしてPS/2インタフェースなど

PS/2端子はキーボード用。なお、USB下の3.5mmミニジャックはラインアウト端子

アクセス性の高さもWD1/Xのポイント。そこで、どれくらい簡単にアクセスできるのか、PCを実際に開けてみることに。まずは背面に設置されているストッパーを解除

左側面のカバーを開けるツメが中央にある。これを押さえてカバーを持ち上げると……

左側面のカバーが外れる

正面右側にある2つのネジを外して、同じようにカバーのツメを押さえて持ち上げると、簡単にカバーが外れた

内部カバーを持ち上げると、基板がお目見え

こちらがWD1/Xを開いた状態。内部カバーの裏側にはSSDと光学ドライブが備えられており、ユーザー側で手軽にストレージを換装できそうだ。CPUや中央にあり、ファン付きのヒートシンクで冷却されている

ファンも簡単に取り外せた。サイドのカバーを外す方向に若干手間取ったが(ただ持ち上げるのではなく、一端手前に引いて持ち上げる)、内部にアクセスするまで5分かからず、メンテナンス性は非常に高いと言ってよいだろう

さて、WD1/Xの外観に戻ろう。本体には専用のスタンド(裏面にゴム足付き)が付属しており、縦置きで使えるほか、本体単体では横置きの設置も可能だ

WD1/Xは内部に電源ユニットを内蔵しており、ACアダプタが不要だ。コードだけで利用できることも、テレビ横に置けるポイントのひとつとなっている

実際に24型ディスプレイと組み合わせてみたところ。接続はDVI-Dケーブルでつないでいる

光学ドライブも内蔵。試用機はブルーレイディスクドライブだが、DVDスーパーマルチもしくは非搭載を選べる

付属のキーボードとマウス。通常はUSB有線キーボードとマウスだが、オプションでワイヤレス仕様のキーボードとマウスを選択できる

試用機のバージョン情報。OSはWindows 10 Homeで、CPUはIntel Core i7-6700T、メモリは16GBの最上位構成

試用機のストレージ容量

Windowsシステム評価ツールの結果(Windowsエクスペリエンスインデックス)。プロセッサが8.3、メモリが8.3、グラフィックスが7.7、プライマリハードディスクが8.2と、一般的なノートPCや一体型デスクトップPCと比べ高いスコアが叩きだされている

試用機の主な仕様は、OSがWindows 10 Home、CPUがIntel Core i7-6700T(2.80GHz)、メモリが16GB、ストレージが512GB SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics 530(CPU内蔵)、光学ドライブがBDXL対応ブルーレイディスクドライブなど。オプションのディスプレイはフルHD解像度の24型ノングレアで、ワイヤレスキーボード、ワイヤレス光学マウスも選択できる(こちらもオプション)。

直販サイト「富士通WEB MART」の最小構成価格は税別77,760円から。直販ではCPUやメモリ、ストレージ容量、光学ドライブ種類、ディスプレイの有無やサイズ、Officeなどの構成を選択できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事