【レポート】

FREETEL、「KATANA 03」はContinuum for Phoneに対応か - プラスワン社長に聞く

1 KATANA 02をおさらい

 
  • <<
  • <

1/2

プラスワン・マーケティングはWindows 10 Mobile搭載デバイスとして、2015年11月30日に発売したFREETELブランドの「KATANA 01」、2016年1月8日から発売した「KATANA 02」という2つをラインナップしている。現在各社が、Windows 10 Mobile搭載デバイスのリリースを競い合っているため、同社としては"次の一手"が必要となるだろう。その答えを同社が14日に開催した「2016年戦略発表会」でCEOの増田薫氏に聞いた。

プラスワン・マーケティングは14日、「2016年戦略発表会」を開催した

メディア初登場の「KATANA 02」

「KATANA 02」は、2015年12月25日から先行発売を開始すると同時に、希望価格を2万9,800円から1万9,800円へ改定して、市場に大きなインパクトを与えている。

読者のなかには、すでに同端末を使用中という方もおられると思うが、メディア向けに実機をアピールするのは今回の発表会が初めてとなる。本誌では詳しく紹介していなかったので、まずはKATANA 02について簡単に説明しよう。プロセッサーはQualcommのSoC「Snapdragon 210(MSM8909 Quad core 1.1GHz)」を採用している点はKATANA 01と同じ。

5インチディスプレイを搭載した「KATANA 02」

背面には800万ピクセルのリアカメラを搭載。ちなみにフロントカメラは200万ピクセル

内蔵メモリーを2GBに、ストレージを16GBとKATANA 01の2倍に増量している。また、ディスプレイサイズは4.5インチから5インチ(1,280×720ピクセル)に拡大し、換装可能なバッテリーも1,700mAhから2,600mAhに変更。Windows 10 Mobileデバイスとして、ミドルレンジモデルとはいい難いものの、エントリーモデルとして見ると"Windows 10 Mobileを試したい"と考えるユーザー層には手が届きやすい。

展示していたデバイスのWindows 10 Mobileはビルド10586.0。ちなみにWindows Insider Preview向けにはビルド10586.63が配布中

本体上部にはmicro USBポートとイヤフォンジャックが並ぶ

本体右側面はボリュームボタンと電源ボタンが並ぶのは「KATANA 01」と同じだ

KATANA 02は2枚のmicro SIMカードを挿入できるが、周波数などの問題が遠因で、国内では一方のSIMカードしか使用できない。メリットを享受できるのは海外渡航の際だろう、現地でSIMカードを調達することで、通信費の抑制につながる。海外出張の機会が多いビジネスマンには嬉しい仕様と言えるだろう。

デュアルSIMだが国内で使用できるのは一方のみ。海外出張時は現地で調達したSIMを追加できる

展示デバイスはSIMカードを挿していなかったが、OS上ではデュアルSIMを認識している

KANATA 02上のWindows 10 Mobileを操作すると、残念ながらKATANA 01と同じ"重さ"を感じる。上位SoCを搭載し、より高額な他社製Windows 10 Mobileデバイスと比較すると見劣りする観があるのは否めないが、約2万円という価格設定は十分魅力的である。あちらを立てればこちらが立たずという状況について、プラスワン・マーケティングCEOの増田薫氏と、同社ビジネスアライアンスグループ担当取締役の野村晴彦氏に伺った。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) KATANA 02をおさらい
(2) KATANA 03(仮称)の展望

人気記事

一覧

新着記事

AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電
スカイアーチネットワークスとIBC、マネージド・サービス強化を目的に協業
[10:00 8/24] 企業IT