【ハウツー】

『ヘルスケア』で、あの日どれだけ歩いたっけ? という時に使えるテクニック

 

現行モデルのiPhoneには、バックグラウンドで動きデータを自動収集する副処理装置(モーションコプロセッサ)が搭載されている。iPhone 5sに搭載された初代M7以降、モデルチェンジを重ねるごとに機能強化され、iPhone 6/6 PlusではM8、最新モデルのiPhone 6s/6s PlusではM9がSoC(Apple A9)に直接組み込まれるようになった。

iOS 8で登場した健康情報管理アプリ『ヘルスケア』は、このモーションコプロセッサを存分に活用している。iPhoneの電源さえONになっていれば、歩数などのモーションデータは自動的に記録されるため、アプリを起動しているかどうかは問題にならない。消費電力もごくわずかで、iPhoneの利用にあたり負担にならないところがポイントだ。

モーションデータは、iPhoneをはじめて起動したときから蓄積が始まる。バックアップに含まれるため、モーション・コプロセッサを搭載するiPhoneを利用し続けているのであれば、iOS 8がリリースされた2014年9月以降の歩数データはiPhone上に残っているはずだ。

『ヘルスケア』では、歩数などのモーションデータをグラフ化して「ダッシュボード」に表示できるが、直近の歩数と平均値でしか具体的な歩数は確認できない。○月○日の歩数を調べたいという場合には、他のアプローチが必要だ。

具体的な歩数を調べるには、『ヘルスケア』を起動して「ヘルスケアデータ」タブにある「フィットネス」を開き、「歩数」→「すべてのデータを表示」の順にタップする。これで、記録されたすべての歩数データを確認できるはずだ。

操作手順をカンタン解説

1 蓄積されたモーションデータは『ヘルスケア』で確認できるが、ダッシュボードでは日々の数値を調べられない

2 日々の具体的なデータを調べる場合は、「ヘルスケアデータ」タブにある「フィットネス」を開き、「歩数」をタップする

3 「すべてのデータを表示」をタップする

4 iPhoneに蓄積された日々の歩数データが表示される

(提供:iPad iPhone Wire)

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯