【レポート】

NECの2016年PC春モデルはツートップに注目!! - 約798gの11.6型ZERO、一層スリムな15.6型Frista

1 春モデルはツートップ戦略

 
  • <<
  • <

1/2

NECパーソナルコンピュータは13日、2016年春モデル(全5シリーズ44モデル)を発表した。同社では11.6型デタッチャブルPCとして世界最軽量をうたう「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズと、フリースタイルで設置できる15.6型PC「LAVIE Hybrid Frista」を"ツートップパソコン"として訴求する。新製品は1月15日より順次販売。本稿では、都内で開催された記者説明会の模様をお伝えしていく。

NECパーソナルコンピュータは2016年春モデル(全5シリーズ44モデル)を発表。同日、東京都・表参道にあるファッションビル「ラフォーレ原宿」で発表会を開催した

NECパーソナルコンピュータが2016年春モデルで訴求する「ツートップパソコン」。左はSkylakeを搭載し、さらに省スペース化した15.6型PC「Frista」春モデル。右はキーボード装着時で約798gのデタッチャブルPC「LAVIE Hybrid ZERO」11.6型モデル

4つの強みでシェアNo.1に

説明会の冒頭、NECパーソナルコンピュータ 代表取締役 執行役員社長の留目真伸氏が挨拶した。留目氏によれば、販売店データを基にした同社の国内PCシェアは2013年に23.9%、2014年には24.9%を記録、2015年には26.7%まで拡大して過去最高を更新中だという。好調の要因として、同氏は次の"4つの強み"を挙げる。

NECパーソナルコンピュータの留目真伸氏(写真左)。同社の国内PCシェアは過去最高を更新している(写真右)

1つは、レノボグループと協業するなどして国内外でNo.1のスケールを実現したこと。留目氏は「世界中のパートナー、サプライヤーとの連携が強固になった。これにより(グループ全体で)世界No.1の調達力を得た」と説明する。2つめは、開発から販売まで製販一体の組織力により、日本市場に合った製品を開発し、スピーディーに販売できていること。3つめは、日本の技術力を活かした製品づくりができていること。4つめは、先を見据えた提案力により、利用者に響く新しいユーザー体験を提供できていること。

留目氏は「NECパーソナルコンピュータはPC業界のリーダーとして、市場を発展させていく使命を担っている。D3(Digital Dramatic Days)のコンセプトに基づき、異業種パートナーとさまざまな分野で"共創"する取り組みも進めていきたい」と語った。

同社ビジネスを支える4つの強み(写真左)。2015年はブランドロゴの一新や軽量PC「LAVIE Hybrid ZERO」、家の中で持ち運べるフリースタイルPC「Frista」など新商品の展開、量販店でのショップインショップ展開など、D3を訴求する展開を行ってきた(写真中央)。異業種パートナーとの共創も進めていく(写真右)

春モデルはツートップ戦略

NECパーソナルコンピュータ 商品企画本部 D3総合プロデューサーの森部浩至氏は、新商品の特徴を説明した。同氏はツートップの一翼を担う「LAVIE Hybrid Frista」を"少し未来のホームパソコン"と紹介。新製品は現行シリーズの第2世代に当たるモデルで、前モデルより薄くなったほか、バッテリ駆動時間が約4.2時間に伸びた。スタンド時の幅は約145mmと非常にコンパクトで、「スマートフォンを置いた程度の奥行き」と省スペース性を強調。また、スタンドを畳めばタブレットライクに使用できるほか、ワイヤレスキーボードを背面に収納できるなど、使い勝手も向上している。

NECパーソナルコンピュータの森部浩至氏(写真左)。タッチパネル対応15.6型 フルHD IPS液晶を搭載したLAVIE Hybrid Fristaなら日常生活で利用できる

また、11.6型デタッチャブルPCとして世界最軽量をうたうのがLAVIE Hybrid ZEROシリーズ。キーボード装着時で重量約798gを実現したモデルが「HZ330/DAS」および「HZ300/DAS」「HZ300/DAB」、11.6型Windowsタブレットとして世界最軽量の約398gを実現したモデルが「HZ100/DAS」「HZ100/DAB」となる。

森部氏は「従来の常識では、キーボードとディスプレイが分離できるデタッチャブルPCは、その機構ゆえに重くなりがちだった。本体とキーボードの重量バランスがとれていないと転倒の可能性も高くなる。LAVIE Hybrid ZEROシリーズは、匠の技術により軽量化と転倒防止を両立させており、固定概念を覆す製品となった」とアピールした。なお「HZ330/DAS」はLTE通信機能にも対応している。

さらに軽く薄く、さらにパワフルになった第2世代のLAVIE Hybrid ZEROシリーズ。第6世代インテルCoreプロセッサを搭載、バッテリ駆動時間は約10.3時間となっている

このほか、23.8型ワイド フルHD IPS液晶を搭載した「LAVIE Desk All-in-one」シリーズの紹介も行った。TVチューナを搭載しており、4番組同時録画に対応。YAMAHAサウンドシステムを搭載するなど、音質にもこだわった製品となっている。

会場には23.8型のLAVIE Desk All-in-oneシリーズ(写真中)のほか、Core i7プロセッサを搭載したDesk Tower「DT750/ DAW」(写真右)なども展示されていた

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 春モデルはツートップ戦略
(2) 女性起業家ならどう使う?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事