【レポート】

東京都は混浴NGだけど神奈川県はOK? 知っておくべき混浴温泉の魅力とマナー

1 混浴があるのは伝統の印! 全国の魅力的な混浴温泉とその楽しみ方

 
  • <<
  • <

1/2

最近、「若い女性に混浴が人気」などという記事をよく見かけるが、実際は混浴に入るのをためらって、女性専用風呂へと向かう人は少なくない。そこで今回、温泉文化のひとつである混浴を楽しむために知っておくべきことをその魅力とともに紹介したい。

白骨温泉「泡の湯」の露天風呂で混浴を楽しむカップル

混浴は新設できない

「混浴の魅力」とはなんだろうか。「自然との一体感」や「土地の人とのコミュニケーション」を挙げる人は多いが、混浴は「異文化体験」のようなものだと筆者は思っている。男も女も老いも若きも一緒に同じ湯船に入る混浴は、都会で育った人間にとっては「へえ~、日本には混浴っていうおおらかな文化があるんだなぁ」と、結構びっくりするものである。

かつて温泉地が湯治場として機能していた時代は、老夫婦がもう一方を介護するのに混浴は当たり前だった。現代では貸切風呂・家族風呂がこれに代わりつつある。今でも歴史ある温泉地では混浴風呂が残っているが、現行の「旅館業法」(昭和23年(1948)施行)では原則として浴室は男女別に設けることが義務づけられており、混浴が認められるのは例外の場合のみ。

山奥の不便な場所にあるなど土地の状況によってやむを得ない場合は特例扱いとなるが、「保健所の立ち入り検査では、"混浴"というだけで減点される」(某宿経営者)などという、混浴を守る宿側としては屈辱的な現実もある。

全国には「旅館業法」が定められた昭和23年よりも前から、歴史ある混浴風呂を守り続けている宿は少なくないが、混浴風呂はいったんやめてしまえば再度つくることはできない。つまり、希少価値の高い風呂文化なのである。

2015年6月に、塩原温泉の混浴露天風呂「不動の湯」が一旦閉鎖されたというニュースを覚えている人もいるだろう(写真は一時閉鎖前のもの)

最近では、日本の温泉文化が崩壊しつつあるのか、特に管理されていない露天風呂ではマナーをわきまえない人たちが現れ始め、のどかだったはずの温泉に異変が起きている。2015年6月、入浴客による不適切な行為やビデオ撮影などにより栃木県・塩原温泉で混浴露天風呂「不動の湯」がいったん閉鎖されたニュースはその代表かもしれない。

全国の公共露天風呂では、夜間閉鎖や有人化、湯あみ着の着用義務などの措置をとるところが多くなっている。なお、閉鎖された「不動の湯」は11月に管理人を配置し、300円の利用料(閉鎖前は200円)で土日祝日のみ再開したが、現在は冬季のため再度休業中で、塩原で入れる混浴風呂は「もみじの湯」のみとなっている。

静岡県・大滝温泉「天城荘」の「滝見の湯」は水着で入る混浴露天風呂

入りやすい混浴と入りにくい混浴

観光客にとっては初めての場所であっても、地元の人にとっては生活の場。「郷に入れば郷に従え」である。基本的には、生活の場にお邪魔するわけだから、「もらい湯」の精神で、地元のルールや風習にのっとって行動することが大事だろう。

山形県・肘折温泉「つたや肘折ホテル」の混浴風呂は、湯治用本館「つたや金兵衛」内にある

以前、屋久島で干潮時のみ現れる神秘の湯、自然のままの混浴が楽しめる「平内海中温泉」に行った時、入浴客のマナーに目を光らせる地元の方がいた。不審な動きをしようものなら、すぐさま注意される。筆者は取材のために一眼レフカメラを持参していたが、「撮影しちゃだめだよ」と指摘された。その後、取材で撮影許可をとっていることを伝えて撮影したが、こんなふうに共同湯の管理人のような人たちがいると、マナー悪化の抑止力となって安心だ。

屋久島の「平内海中温泉」は貴重な温泉。脱衣所はないが、タオル巻きや湯あみ着着用での入浴もOKだ

旅館の混浴であれば女性が入りやすいかといえば、入りやすい混浴と入りにくい混浴がある。湯の色が無色透明の場合はやはり入りにくいが、最近増えたのが「湯あみ着OK」のところと「女性専用時間」。実際、女性客が入りやすいよう配慮する宿は増えている。

旧国鉄時代の「フルムーン」のCMで一世を風靡(ふうび)した、群馬県・法師温泉の「長寿館」は足元からプクプクと湧く人気の秘湯。筆者が業界紙記者だった頃は脱衣所も男女一緒で入りにくかったが、今は脱衣所も男女別になっており、夜には女性専用時間もある。

法師温泉「長寿館」の「法師乃湯」は、国の登録有形文化財にも指定されている

同じ群馬県の沢渡温泉にある「まるほん旅館」にも混浴があるが、こちらは木の階段を下りて行った先に脱衣所があり、湯船から脱衣所が丸見えになっている。そして、湯も無色透明だ。夫婦一緒に混浴を楽しむのもいいし、夜と朝の女性専用時間を利用するのもいいだろう。

一方、入りやすいのはにごり湯だ。長野県・白骨温泉の「泡の湯」と秋田県・乳頭温泉郷の「鶴の湯温泉」は白濁のにごり湯。濃度が濃いので湯の中は見えない。ともに階段状になった入り口から湯に浸かり、他人に肌を見せずにそのまま露天風呂へと出入りできる。混浴入門者にうってつけの温泉だろう。

白骨温泉「泡の湯」の女性脱衣所から露天風呂への出入口は、外から見えないように女性への配慮が施されている

乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」の混浴露天風呂は足元から源泉が湧く

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 混浴があるのは伝統の印! 全国の魅力的な混浴温泉とその楽しみ方
(2) 夫婦でも入れない混浴がある?
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (10) 関数の定義方法
[07:30 9/26] 企業IT
松坂屋上野店で秋の行楽グルメフェア--魚屋の"おにぎらず"や浅草今半弁当も
[07:30 9/26] 趣味
東京都内をアートで埋め尽くす! 街がギャラリーになるアートと音楽の祭典
[07:30 9/26] 趣味
ブラッド・ピット、長男と大げんか - アンジーが離婚決断する原因に?
[07:18 9/26] エンタメ
“M字開脚”インリンは今…『深イイ話』で密着取材
[06:00 9/26] エンタメ