【レポート】

東京電力と提携の電力サービス「ソフトバンクでんき」4月から - トレンディエンジェルがおトクさをアピール

1 「ソフトバンクでんき」とは

近藤謙太郎  [2016/01/12]
  • <<
  • <

1/3

ソフトバンクは12日、電力サービス「ソフトバンクでんき」を4月1日より提供開始すると発表した。東京電力との業務提携による料金プランを、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアで展開する。28日から予約の受付を開始する予定。本稿では、都内で行われた記者説明会の模様をお伝えする。

ソフトバンクは12日、東京電力との提携サービス「ソフトバンクでんき」を発表した

使わない分はTポイントを付与

説明会の冒頭、ソフトバンクの代表取締役社長兼CEOである宮内謙氏が登壇して概要を説明した。ソフトバンクでんきは、4月から開始される電力小売自由化に伴うもの。「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」、「バリュープラン」の3つの料金プランを用意する。

ソフトバンクの宮内謙社長。ソフトバンクでんきでは「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「バリュープラン」の3つの料金プランを用意する

バリュープランを例にとると、従来の東京電力のプランとの比較では300kWhを超えれば安くなる仕様。毎月8,000円~16,000円相当を利用する家庭なら、割安を実感できるという。あまり使わない月は東電のプランより高くなるが、その分についてはデータ容量の付与か、Tポイントで還元される。例えば当月使用量が200kWhの場合、データ容量3GBかTポイントが1,000ポイント付与される。

300kWhを超えれば安くなる。あまり使わない月は、データ容量の付与か、Tポイントで還元される

おうち割では8万円おトクなケースも

ソフトバンクではこのほか、携帯電話による通信サービス、光回線によるインターネットサービスと電力サービスを連携させた「でんきセット」など、いくつかの割引サービスからなる「おうち割」を提供する。

例えばバリュープランを契約した戸建住宅3人家族で、「おうち割 でんきセット」を利用したモデルケース(東京電力エリア)では、年間で最大80,920円相当が割り引かれるという。宮内氏は「今後あらゆるサービスがスマートフォンの上に乗ってくる。それを、できるだけ安く提供することで、お客様の家計をサポートしていきたい」と説明した。

携帯電話による通信サービス、光回線によるインターネットサービスと、電力を連携させた「でんきセット」などを提供。年間で最大80,920円相当が割り引かれるケースもある

このほか、ソフトバンクグループでは再生可能エネルギーの取り組みも進めている。太陽光、風力などで発電した電力を利用者に提供するサービス「FITでんきプラン」をなるべく早い時期に導入したい考えだ。

ソフトバンクグループでは再生可能エネルギーの取り組みも進めている。太陽光、風力などで発電した電力を提供するサービス「FITでんきプラン」も準備している

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 「ソフトバンクでんき」とは
(2) トレンディエンジェルが魅力をアピール
(3) 東電と提携する理由

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

カレー沢薫さんの"3D"ロゼットを抽選で1名にプレゼント!
[12:00 5/30] テクノロジー
【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第3回 カレー沢薫さん、光る
[12:00 5/30] テクノロジー
尾木ママ、舛添知事への怒り爆発「税金、公金にたかる寄生虫」
[11:55 5/30] エンタメ
Viibar、Yahoo! JAPANのデータ分析結果をもとにした動画広告商品
[11:40 5/30] 企業IT
【レポート】人工知能、VR、Chrome OS、開発者会議で示したGoogleの方向性
[11:33 5/30] 経営・ビジネス

特別企画 PR