【レポート】

今週の秋葉原情報 - 新型HMD「GALAX VISION」の店頭デモが開始、スティックPC新モデルも

1 2016年の初売りはどうだった? / GALAXの新型HMDを店頭で試そう

 
  • <<
  • <

1/4

2016年の初売りはどうだった?

今年の初売りであるが、各ショップとも大賑わいだったようだ。「例年以上に忙しかった」という嬉しい悲鳴も聞かれ、上々のスタートを切ったと言えるだろう。2016年も様々な新製品が登場し、自作PC業界が盛り上がることを期待したい。

2016年がスタート。今年も本レポートをよろしくお願いします

TSUKUMO eX.名物、1階のホワイトボードは干支バージョン

まだ福袋も見ることができた。こちらはBUY MORE秋葉原本店

こちらはTSUKUMO eX.の福袋。まさに残り物には福がある?

GALAXの新型HMDを店頭で試そう

BUY MORE秋葉原本店にて、GALAXが開発中の新型HMD「VISION」の店頭デモを実施中だ。同ショップによると、VISIONの解像度は1,920×1,080、応答速度は25ms、視野角は100度だという。発売日や価格など、詳細については一切不明ながら、ショップスタッフに声をかければ、デモ機を試せるようになっていた。

GALAXの新型HMD「VISION」。インタフェースはHDMIおよびUSBだ

本体が軽いこともあり、装着感は悪くない。スペアレンズも付属する

VR向けのHMDは今年、いよいよOculusの「Rift」やソニー・コンピュータエンタテインメントの「PlayStation VR」などが発売される予定で、最もホットな分野の1つだ。正直、この両者に比べるとVISIONの存在感はイマイチ。対応ソフトが気になるところだが、「Oculus SDK 0.4 動作確認済み」との記載もあり、Oculusと互換性があるのかもしれない。

実際に筆者も装着して試してみたのだが、追従性はなかなか良好だ。本体の重量は380gと軽く、頭を速く振ってもあまり違和感がない。デモ機のPCスペックがかなり高めということも影響しているかもしれないが、ジェットコースターのデモは快適に動いており、価格次第では、ちょっと気になる存在になりそうだ。

主なスペック。今回発売されるのは開発者向けモデルのようだ

PCの推奨スペックは不明だが、デモ機の構成はかなりハイエンド

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 2016年の初売りはどうだった? / GALAXの新型HMDを店頭で試そう
(2) スティックPCがさらに軽く小さく / スマホ同士で充電できるケーブル
(3) 同時充電可能なモバイルバッテリ / 吸盤方式のスマートフォンスタンド
(4) CRYORIGの簡易水冷が2,016円引き / 恒例の新作つくもたんクリアファイル
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[今週の真田丸]第30回「黄昏」 秀吉の常軌を逸した行動に… NHK総合は45分繰り上げ放送
[07:00 7/31] エンタメ
ミュージカル界の王子・井上芳雄が明かす結婚観&葛藤とは
[06:30 7/31] エンタメ
映画「PとJK」大神平助役の高杉真宙は金髪に!劇中写真公開、三次マキも絶賛
[06:00 7/31] ホビー
芸能人が撮影した「心霊写真」に秘められた“警告”とは
[06:00 7/31] エンタメ
桐谷健太、浦ちゃんの誕生秘話を告白『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/31] エンタメ