【レポート】

大学時代の元彼が忘れられない! 絶対結婚したい! そんなときは

大学時代に交際した元彼が忘れられず「彼と絶対に結婚したい」と悩む、Yさん(27歳・女性)からのご相談です。

【相談】

内埜さくら先生はじめまして。長年悩んでいるコトがあり、勇気を出してメールさせていただきました。

私にはずっと大好きな元カレがいます。この人と絶対に結婚したいです。

大学1年の時にできた初めての彼です。彼からは「部活に集中したい」という理由で、2カ月という短さで別れを告げられてしまいました。卒業してから他に目を向けたり新しい彼を作ったりしましたが、いつも心の中に彼がいます。

誕生日やお正月、仕事で行き詰まってしまった時など、定期的に連絡をいれています。その成果が実り(?)今年あちらが都内に社員旅行に来た時再会するコトができました。私の中で2人きりで会えたこと、話せたことは奇跡中の奇跡。本当にうれしかったです。

彼が泊まっているホテルに呼ばれ、付き合っていた時いつもやってあげていたマッサージなどをしてあげました。結婚の話になり、私の指輪を見て反応してきたり、今の彼女とは結婚しないとか、もっと仕事をやりきりたいなどと話をしてくれたりしました。

その時「でも俺のこと好きになったらあかんで。お前に気がないからな」と言われました。でも、私はどうしても彼と寄りを戻したいのです。私と彼は同じ職業で、彼の地元に行く覚悟もできてます。しかしその思いは言葉にしていません。

彼が結婚してしまったら、私は後悔してやまないと思います。そうなる前にやれることのことはやりたいです!!! さくら先生、前向きに頑張れるアドバイスを下さい。よろしくお願いします。

【回答】

う~ん……。「前向きに頑張れるアドバイスを」とのことですが、今回はすみません。やや厳しいお返事になってしまいそうです。よりを戻す以前に、Yさんには知らなければならないことがあるからです。

■まずは自分の恋愛傾向を把握する

ご相談内容を拝読する限り、Yさんの恋愛傾向は「前のめりすぎ」です。その理由を以下に記載しますので、ご覧ください。

・大学1年のときに2カ月しか交際していない元彼が好き
・彼からははっきりと、「でも俺のこと好きになったらあかんで。お前に気がないからな」と言われている
・よりが戻るかわからない現時点でYさんは「彼の地元に行く覚悟もできてます」と宣言

たった2カ月しか交際していないということは、彼の長所しか見ていなかった可能性大です。そのうえ、彼からははっきりと「好きにならないでほしい」と告げられているのに、Yさんは彼の地元へ行く覚悟まで持ってしまっています。彼の気持ちより、自分がどうしたいか、どうありたいかを優先していること自体が「前のめりすぎ」なのです。

恋愛傾向は癖と同じで、自分自身では気づきづらく直しづらいものでもあるので、まずはしっかりと把握してください。

■思い出は美化されることを知る

Yさんのように、元恋人が忘れられないご相談者さんへ「思い出は美化されるもの」とお伝えすると、大抵、拒否反応を起こします。「離れていても自分はしっかりと相手のことを見ている、理解している」というのが、その理由です。

ですが、「思い出は美化される」のは真実です。たとえたまに相手と連絡を取っていようと、人の脳は都合よくできていて、いい思い出ばかりをストックしがちなのです。

Yさんの場合は、彼と2カ月しか交際していません。彼の優しい部分しか見えていないのは当然なのです。その、いい部分だけが思い出として美化され続けたら、ほかの男性より素敵に見えてしまうのは必然です。ただし、それはYさんが見ている"夢"にすぎません。彼にだって短所があるし、それを知ったらYさんには受け入れにくい短所であるかもしれないですし、そのうえさらに、思い出を美化している。このことも、忘れないようにしていただきたいです。

■彼女が嫌がるアプローチはしない

それでもまだ彼があきらめきれない場合は、彼の彼女が嫌だと感じるアプローチはせず、以前のような定期連絡をするしかないのが現状です。もしYさんが彼の恋人だと仮定して、別の女性から「会いたい」などといったLINEやメールをもらったら、その女性に嫌悪感を抱き、彼に不信感も持つはずです。

そういったアプローチはしない。同業者とのことですから、仕事の相談でたまに連絡をするぐらいは許される範囲です。彼が、「彼女とは結婚しない」という言葉の真意は定かではありませんが、定期的に連絡を取り、彼が彼女と別れたタイミングで、さらに積極的にアプローチすることが得策です。

ただし、その別れがいつ訪れるかわかりませんし、訪れないかもしれません。Yさんは27歳で結婚を考えているとのことですから、結婚と出産、そしてご自身の女性としての年齢を考えて、冷静に判断してみてくださいね。

※写真と本文は関係ありません

著者プロフィール

内埜さくら(うちの さくら)
恋愛コラムニスト。2,000人以上の人物取材の経験で磨かれた、鋭い洞察力が武器。著書は『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)。無料のメール恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い。相談を休止中の場合もあるので詳細はブログまで。恋愛コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『ばらいろダンディ』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌にも多数出演。

関連記事

「今は彼女はいらない」と言う男性の本音とは
[2015/12/20]
クリスマスのデートで告白するべきですか?
[2015/12/13]
交際経験がない女性が告白するための考え方
[2015/12/7]
彼氏が他の女性とLINEで親密なやりとり……どうする?
[2015/11/29]
モラハラ彼氏への対処法
[2015/11/22]
体の関係を持った彼が「つき合おう」と言わない理由
[2015/11/15]
シャイな彼女とつき合うコツ3つ
[2015/11/8]
彼氏がいる女性をあきらめられないときの対処法
[2015/10/25]
恋人ではないのに家に泊めてくれる女子の心理
[2015/10/18]
半同棲している彼氏がいるのに他の人が気になる! そんなときは
[2015/10/11]
元カレから「借りたDVDを返したい」とメール、これはワンチャンある!?
[2015/10/4]
初デートから2回目につながらない理由3つ
[2015/9/27]
婚活で出会った彼の容姿が全然タイプじゃないときに考えたいこと
[2015/9/20]
恋人との自然消滅を狙っている男性の特徴
[2015/9/6]
告白したが返事をもらわなかった場合にすべきことは?
[2015/8/30]
恋愛経験の少ない女性が男性の前でうまく振る舞うコツ3つ
[2015/8/23]
彼が浮気しているかもしれないとき、自分に投げかけたい1つの質問
[2015/8/16]
結婚を迷っている女性が押さえるべきポイント3つ
[2015/8/2]
「遠距離片思い」の婚活を実らせるコツ3つ
[2015/6/28]
結婚した元彼への思いを断ち切る方法3つ
[2015/6/21]
忙しすぎる彼を振り向かせるポイント4つ
[2015/5/23]
恋愛駆け込み相談所 第1回 「別れた彼女が憎くて仕方ありません」
[2015/3/6]
恋愛駆け込み相談所 第2回 「体だけの付き合いから、彼の本命になりたい」
[2015/3/13]
恋愛駆け込み相談所 第3回 「社内恋愛している彼にやきもちを焼いてしまう」
[2015/3/20]
恋愛駆け込み相談所 第4回 「付き合って3カ月で彼が浮気……でも別れたくない」
[2015/3/27]
恋愛駆け込み相談所 第5回 誕生日なのに恋人にはガッカリ…仲直りの方法は?
[2015/4/3]
恋愛駆け込み相談所 第6回 かなり年上の女性を振り向かせる方法
[2015/4/9]
恋愛駆け込み相談所 第7回 別れて正解な男性の特徴3つ
[2015/4/17]
恋愛駆け込み相談所 第8回 音信不通になる男性の本音3つ
[2015/5/1]

人気記事

一覧

2016年12月11日の運勢

イチオシ記事

新着記事