【レポート】

『ガラスの花と壊す世界』、シンガポールでトーク&先行上映会開催 - Anime Festival Asia 2015 in Singapore

 

2015年11月27日から29日の3日間、シンガポールのサンテック国際会議展示場で行われた東南アジア最大級のアニメイベント「Anime Festival Asia 2015 in Singapore」。その2日目となる28日、メインステージにてオリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』のトークイベントが行われた。

日本では2016年1月9日より全国公開される本作。メインステージには、リモ役の花守ゆみり、石浜真史監督、そして石原良一プロデューサーが登壇し、シンガポールのファンに作品をアピールした。

(写真左より)石原良一プロデューサー、石浜真史監督、花守ゆみり

日本でも公開前の作品の上映会が行われるとあって、「すごくそわそわしています」と笑顔を見せる花守。本作は「アニメ化大賞」の大賞作品を原案として劇場アニメ化したものだが、大賞に選んだ理由について石原プロデューサーは「一番アニメに向いていると思った」と説明する。"知識の箱"といわれるHDDの中のアンチウイルスプログラムがキャラクターとなって活躍するストーリーが描かれる本作。「誰も見たことがない、というところに無限の可能性を感じ、アニメなら実写以上のものが作れる」(石原プロデューサー)。

「見たことがないものをアニメ化する」ということについて「大変だが、自由があり、発想が無限に活かせる」という石浜監督は、制作するにあたり、「世界中にいるすばらしいクリエイターを探すところから始めた」というエピソードを披露する。

そして、作品の上映後にあらためてステージにあがった石浜監督は、観客からの盛大な拍手を聞き、「袖で泣いていました(笑)」とおどけながらも確かな手ごたえを感じていたようだ。なお、本作を制作する際、石原プロデューサーから石浜監督への要求は「感情を動かして心に残る作品にして欲しい」だけだったと明かす。

さらにステージでは、花守が本作のイメージソングである「センダンライフ」を披露。歌唱中、曲が突然止まってしまうというまさかのハプニングが起こり、一瞬動揺を見せた花守だったが、観客からの拍手と歓声に後押しされ、すぐに落ち着きを取り戻し、残りのパートをアカペラで歌い上げた。そのファインプレーと歌声のすばらしさに、シンガポールのファンはさらに盛大な拍手と歓声を贈り、花守も笑顔で続く劇中歌「もっとメモリー」を熱唱し、ステージを締めくくった。

ステージで歌を披露する花守ゆみり

【AFA2015 in Singapore】Garakowaステージ


オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』は、本日2016年1月9日(土)より新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋ほかにて全国劇場公開。上映館などの詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

(C)Project D. backup

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Evernoteがプラン改定、有料プラン値上げ、無料ベーシックは端末2台までに
[05:31 6/29] パソコン
[竹中直人]劇場版ワンピースで2役に挑戦 「胸が踊った」
[05:00 6/29] ホビー
[真剣佑]「ピーチガール」実写映画でとーじ役
[05:00 6/29] エンタメ
真剣佑、『ピーチガール』で硬派男子に! 山本美月めぐり伊野尾慧と三角関係
[05:00 6/29] エンタメ
鈴木奈々・ヒロミ・劇団ひとり・ヒャダインらが"潜在能力"テストに挑戦
[05:00 6/29] エンタメ

本音ランキング