【レポート】

CES 2016 - GeForce 940M+4K液晶搭載の15.6型ノートPCをLGブースで触る

 

CES 2016のLG Electronics(LG)ブースでは、4Kディスプレイを搭載した15.6ノートPC「15U560」の展示も目を惹いた。

4Kディスプレイ搭載15.6型ノートPCの「15U560」。ボディデザインはごく普通

4Kディスプレイ搭載ノートPCは国内でも少しずつ出てきているが、この製品はGPUにNVIDIA GeForce 940Mを採用するなどゲーム用途を意識している(デモンストレーションでは、延々ゲーム画面が表示されていた)。解像度は3,840×2,160ドット。プロセッサはU型番のIntel Coreだ。スピーカーはHarman Kardon製。

4K解像度なだけあって表示は美しかったが、本体に触ってみたところ、キーボード部分がけっこう熱い。ボディサイドには排気口を設けず、底面部分で排熱しているようすで、ゲームを長時間プレイするとボディが熱くなるかもしれない。

ディスプレイの表示は繊細で階調表示に強いが、若干はコントラスト低く感じられた。とはいえ、普通にゲームをプレイするのであれば十分だろう。一方でボディの熱のことを考えると、負荷の高いゲームノートPCとしてより、表示領域の広い仕事ノートPCとして考えてみても良さそうだ。ディスプレイサイズが15.6インチと大きめなので、複数ウィンドウで仕事を効率的に行いたい場合などに向くだろう。2017年に発売予定とのこと。

キーボード部分。展示している他の15.6型ノートPCもそうだったが、メインキーとテンキーの間に差がないのが気になる

ボディサイド前方にハーマン・カードンのスピーカーを搭載。実際に音が流れる穴は底面にある

左サイド。電源ポートや有線LANポート、USB 3.0、HDMI端子などを備える

右サイドはSDカードスロットやUSBポート、イヤホンジャックなど

ゲーム画面のデモが流れ続ける本体。色はマット感のあるホワイトで、タッチパッドは大きめに取られている。シンプルなデザインで好感が持てた

底面はごく普通で、こちらもシンプルといえるデザイン。上側の穴(使用時は手前部分に来る)がハーマン・カードンのスピーカー、中央が排気口

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Google Playファミリーライブラリ提供開始、購入コンテンツを家族で共有
[08:05 7/28] スマホとデジタル家電
ラブライブ!声優の三森すずこ、『アングリーバード』でピンクの鳥の声担当
[08:00 7/28] エンタメ
Audio PixelsとTowerJazz、MEMSラウドスピーカーチップの量産で合意
[08:00 7/28] テクノロジー
オーテクの重低音Bluetoothイヤホンは「重低音以外」もイケる
[08:00 7/28] スマホとデジタル家電
管理職、女性の割合は11.9% - 前年から上昇
[08:00 7/28] キャリア