【レポート】

ビックカメラ.comの福袋、買えた届いた開けてみた

 

2016年はツイてるかもしれない……そう感じさせる出来事がついこの前のクリスマスに起こった。宝くじではせいぜい1,000円くらいしか当たったことがないのに、ビックカメラ.comのWeb限定福袋を買えちゃったのだ。ゲットしたのは「2016年福袋 1TB 2番組同時録画 ブルーレイレコーダー【B】」である。

すべてはあの映画のため

なぜブルーレイレコーダーにしようと思ったのか、理由は一つ。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」だ。映画自体には触れないが、筆者も某極上爆音上映を10回以上キメに行くくらいハマってしまい、もちろんブルーレイを買うぞ! と意気込んでいた。自宅にはブルーレイ再生環境がないのに、だ。仕方ない、マッドマックスだし。

そんなわけで、かれこれ2カ月ほどブルーレイレコーダーを購入したいと思っていた。プレーヤーでも良かったのだが、平日のテレビ番組も録画できたらなぁ~とふんわり思い、「2016年福袋 1TB 2番組同時録画 ブルーレイレコーダー」を選んだ。【A】と【B】の2種類あったが、なんとなく【B】のほうが競争率低そう、というあまり根拠のない理由で【B】を攻めてみた。3,000円くらいの差なら1TBっしょ、とこれまた安易に500GB(2番組同時録画で3種類あった)ではなく1TBに決めた。

読者のみなさんもご存知のとおり、ビックカメラだけでなく家電量販店の福袋(Web予約)はどこも激戦。みんなが一気にアクセスするので、サイトにはつながりにくくなり、サーバーが落ちる、一向に購入画面に進まないといった現象が起こるのだ。もちろん筆者もこのつながらないイライラと闘った。1時間ほど格闘した後に、ようやくログイン画面にたどり着き、購入と相成った。

この画面が表示されたときの喜びといったら! (ここではポイントを使ったため税込28,626円になっていますが、実際の価格は税込34,344円です)

その直後、福袋の販売ページには販売休止のお知らせが。やはりアクセスが集中しすぎてしまい、販売を中止にしたらしい。次回販売は「未定」としていたが、Webでは再開しないまま、在庫を1月1日から店頭で販売することになった

中身は4Kアップコンバート対応の……

Web限定福袋は年内に行われる事前予約でゲットできた場合、1月1日に自宅へ届く。寒さに凍えながら並ぶ必要がないというのも、あの激戦を生み出す一因なのかもしれない。購入できただけでもラッキーにちがいないが、さて中には何が入っているだろうか?

ピンポンと呼び鈴が鳴ってからワクワクしっぱなしだ。佐川急便のお兄さん、ありがとう! この白い紙をめくったら、ブルーレイレコーダーがいる……!

どーん! パナソニックの「DIGA(ディーガ) DMR-BWR1000」でした!

このちょっと無機質に見えるシンプルなデザインも気に入った

筆者に届いたのはパナソニックの「DIGA(ディーガ) DMR-BWR1000」。ハイビジョン領域の色信号補間を経ずにダイレクトに4K信号へ変換する「4Kダイレクトクロマアップコンバート」方式を採用しており、より自然な質感の映像を実現する機種とのこと。個人的には大当たり! 最高の年始!

背面端子はこんな感じ

今回手に入れたDMR-BWR1000で、お正月休みはマッドマックス三昧! ……でもその前にテレビ買わなきゃ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

女になったKABA.ちゃん、目標はグラビア「女性の部分でできなかったことを」
[15:57 9/28] エンタメ
宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT