【レポート】

今週の秋葉原情報 - 待望の「MAXIMUS VIII EXTREME」が発売に、SATA/USB両対応の新型SSDも

1 真打ち"EXTREME"がギリギリ年内発売 / 日本限定の省電力GPUは補助電源無し

 
  • <<
  • <

1/4

真打ち"EXTREME"がギリギリ年内発売

ASUSから、R.O.G.シリーズのハイエンドマザーボード「MAXIMUS VIII EXTREME」が登場、発売が開始された。フォームファクタはE-ATXで、Z170チップセットを搭載。オーバークロック用の外付け操作パネル「OC Panel II」など、オーバークロック向けの機能をフル装備したモデルになっている。価格は72,000円前後。

ASUSの「MAXIMUS VIII EXTREME」。基板上のR.O.G.ロゴは6モードの点灯が可能

バックパネルには、DisplayPort、HDMI、USB3.1×2(A+C)、有線LANなど

拡張スロットは、PCI Express x16が4つと、x1が2つ。ストレージのインタフェースとしては、SATA 6Gb/s×4ポート、SATA Express×2ポート、M.2×1ポートに加え、U.2×1ポートも用意されている(ただし、M.2の帯域はU.2やSATA Expressと共用)。

極冷オーバークロック用の「LN2モード」、一時的にCPUクロックを下げる「Slowモード」、確実にPCを起動できる「Safe Bootボタン」、PCI Expressスロットをオン/オフできる「PCIe x16 Laneスイッチ」など、充実したオーバークロック向け機能を搭載。またメモリはDDR4-3866での動作も可能な設計となっている。

U.2ポートがあるので、Intelの超高速SSD「750」シリーズを接続できる

オーディオ機能「SupremeFX 2015」では、高性能DAC「ESS ES9023P」を搭載

日本限定の省電力GPUは補助電源無し

玄人志向の「RD-R7-360E-E2GB-JP」は、日本限定という新GPU「Radeon R7 360E」を搭載するグラフィックスカード。AMDのWEBサイトには未掲載なのだが、このGPUはR7 360をベースとして、消費電力を抑えたモデルのようだ。そのため、300番台のGPUながら、補助電源が不要となっている。価格は13,000円前後。

玄人志向の「RD-R7-360E-E2GB-JP」。出力はDisplayPort、HDMI、DVIの3つ

このGPUは、日本限定かつ数量限定。現時点で搭載モデルはこれだけだ

カードは2スロット厚で、シングルファンのVGAクーラーを搭載している。コアクロック(1,050MHz)とメモリクロック(6,000MHz)はR7 360を搭載する従来モデル「RD-R7-360-E2GB/G2」と同じだが、店頭価格は3,000円ほど安い。省電力性のほか、コストパフォーマンスも魅力となりそうだ

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 真打ち"EXTREME"がギリギリ年内発売 / 日本限定の省電力GPUは補助電源無し
(2) 内蔵にも外付けにもなる便利なSSD / スリムで高性能なMini-ITXケース
(3) 802.11ac対応の高速Wi-Fiストレージ / どこにいてもスマホから家電を操作
(4) スマホを充電しながらUSBハブ+有線LANも / 着せ替え可能なシングルボードカメラ
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

国内初、BIMデータを使用した建築確認申請で確認済証が交付
[12:38 9/1] テクノロジー
2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ
日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC
[12:04 9/1] パソコン
スバル新型インプレッサ「SPORT」「G4」先行予約開始 - 安全機能さらに強化
[12:03 9/1] ホビー