【ハウツー】

巨大なファイルを相手に届けるベストな方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『巨大なファイルを相手に届けるベストな方法は?』という質問に答えます。

***

撮影したムービーなど巨大なファイルを友人・知人に届けたい場合、難しいことを考える必要はありません。ただメールに添付して送信すればいいのです。発信元のiPhoneがiOS 9.2以降であること、相手のスマートフォン/パソコンにそれだけの空き容量があることが大前提ですが、それさえクリアしていればOKです。

一般的に、メールの添付ファイルは約3.8メガバイトが上限とされます。その理由は、添付ファイルを符合化(インターネットメールではバイナリファイルはテキストデータ化して送受信する規定がある)するとき、データ量が約1.3倍に増加するためです。最近でこそ運用ルールが緩和されましたが、インターネットサービスプロバイダが提供するメールサービスはメール1通あたり最大5メガバイトが一般的で、その制限にかからないよう5メガバイト未満に抑えることが暗黙の了解とされていたのです。

しかし、iOS 9.2では「Mail Drop」がサポートされました。iCloudメールアカウント(○○○@icloud.comなど)からの送信が条件となりますが、添付ファイルをいちどiCloudへ転送するしくみにより、最大5ギガバイトという大容量ファイルの添付が可能となりました。iCloudへの転送が必要かどうかは、ファイルサイズにより『メール』アプリが自動判定し、送信開始時に「Mail Dropを使用」ボタンをタップすることで明示できます。

ファイルがiCloudへ転送された場合、メール本文にはメッセージをダウンロードするためのリンクが挿入されます。そのメールを受け取った人は、リンクをクリックするだけで(添付されていた)ファイルをダウンロードできます。スマートフォンかパソコンか、AndroidかiOSかといった利用環境の違いには影響を受けません。Wi-Fiに接続しているときしか送信されないためパケット代金の心配がなく、iCloud上で30日間保管されますから、巨大なファイルでも安心して送信できるはずです。

大容量のファイルを添付した場合、Mail Dropを使用するかどうか確認されます

人気記事

一覧

新着記事