【レビュー】

「スター・ウォーズ」も一発変換、「Fire TV Stick」(音声認識リモコン付属)を使ってみた【後編】

1 やはり音声入力は便利だった

柴田尚  [2015/12/21]
  • <<
  • <

1/3

前編では「Fire TV Stick」のセットアップまでをお届けしたが、後編ではリモコンの音声認識機能を中心に、「Fire TV Stick」の実際の操作性や使い勝手をみていこう。

設定だけで結構長くなってしまったが、ここからが本番だ。起動したら、まずは基本的な使い方を解説してくれるお兄さんがアニメで現れるが、これは「設定」から再度見ることができるので、聞き流しても飛ばしてしまってもかまわない。あとはリモコンで見たいモノ、遊びたいモノをサクサク選ぶだけ。

最初の起動後に表示される、チュートリアルのアニメーション。説明係の男性がひととおりの使い方を教えてくれる。誰だこれ。でもいい人だな

筆者は動画配信サービスを楽しむためにFire TV Stickを購入したわけだが(前編参照)、Fire TV Stick自体は、Amazonが提供するゲームアプリや音楽コンテンツなどにも対応している(これには11月18日にサービスが開始されたばかりの「Amazon Prime Music」も含まれる)が、ひとまず今回は、動画配信サービスをメインに紹介していく。

セットアップが終了したFire TV Stickの画面は、縦スクロールで「ホーム」や「映画」、「設定」といった項目、横スクロールで各項目内のコンテンツが表示される。

「ホーム」画面では、最近楽しんだコンテンツや、それらから導き出された「関連作」、アプリやゲームの「注目タイトル」など、使用中のアカウントユーザーに向けてカスタマイズされたコンテンツや、Amazonによるオススメ作品などがずらりと並ぶ。

このほか、用意されている項目は、Amazonビデオで配信されている映画やTV番組などの映像作品が選択できる「映画」「TV番組」、プライム会員向け動画を無料再生できる「プライム・ビデオ」、対応アプリをダウンロードして遊ぶ「ゲーム」や「アプリ」、音楽が聴取できる「ミュージック」、Amazon Cloud Drive内の写真が表示できる「写真」など。好きなモノを自由に選ぶことができる。映像コンテンツに関しては、そのまま購入やレンタルも可能だ。

ホーム画面(写真右)。ホーム画面からは動画や音楽、アプリといったコンテンツのほか、検索や設定などの選択が可能。セットアップが完了すればリモコンで操作するだけだ

「映画」の項目

「TV番組」の項目

「プライム・ビデオ」の項目

「ミュージック」の項目では、プライム会員が聞き放題の「Amazon Prime Music」も用意されていた

「写真」の項目

「設定」の項目

ディスプレイやスマートフォンとの連携設定のほか、ペアレンタルコントロール機能も用意する

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) やはり音声入力は便利だった
(2) 「スター・ウォーズ」も一発変換
(3) リモコン操作は快適、他社アプリ操作にも対応
関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

舞台「ダイヤのA」は薬師戦!真田役は上田堪大、栄純・降谷・御幸は続投
[00:00 5/25] ホビー
アニメ「orange」橋の上で空を見上げるメインキャラ6人のビジュアル
[00:00 5/25] ホビー
「聲の形」の大今良時、今秋にファンタジー新連載開幕!マガジンに予告
[00:00 5/25] ホビー
[浅田真央選手]姉・舞とNMB48冠バラエティーに出演 号泣するメンバーも
[00:00 5/25] エンタメ
[orange]本ビジュアル公開 松本の美しい風景描く
[00:00 5/25] ホビー

特別企画 PR