【レビュー】

重低音重視のハイレゾ再生はアリか - オーテク、SOLID BASS最上位「ATH-WS1100」「ATH-CKS1100」を検証

1 重低音なのにハイレゾ?

 
  • <<
  • <

1/3

オーディオテクニカは2015年10月、重低音再生に重きを置いた「SOLID BASSシリーズ」のラインナップを刷新。オーバーヘッドタイプ3製品、インナーイヤータイプ6製品の計9製品を一挙リリースした。本稿では、その中から、SOLID BASSシリーズ初のハイレゾ対応製品となる、オーバーヘッドタイプ最上位「ATH-WS1100」とインナーイヤータイプ最上位「ATH-CKS1100」を取り上げてみる。

ヘッドホン「ATH-WS1100」とイヤホン「ATH-CKS1100」

一般的に重低音ヘッドホンは低域の迫力を重視する傾向にあるが、ハイレゾ対応ヘッドホンは解像度を優先しており低域の厚みには欠ける印象がある。重低音とハイレゾ、一見矛盾しているようにも思えるこの2つをオーディオテクニカはどう両立させているのか、この点に注目してレビューを進めていきたい。なお今回は、レッドツェッペリンなどのハードロックからマルタ・アルゲリッチのピアノ曲まで幅広いジャンルのハイレゾ音源を試聴。DAPはソニー「ウォークマン NW-ZX100」を使用した。

新開発ドライバー採用のヘッドホン「ATH-WS1100」

まずは「ATH-WS1100」からチェックしてみたい。ATH-WS1100は、SOLID BASSシリーズの最上位ヘッドホンで、オーバーヘッドタイプでは唯一のハイレゾ対応モデル。新開発の「ディープモーション・ハイレゾオーディオドライバー」やエクストラエアフローベース・ベンティングシステムの採用など、オーディオテクニカがこれまで蓄積してきたノウハウを惜しげもなく投入している。次ページでは、ATH-WS1100をじっくり聴いたインプレッションをお届けしよう。

オーバーヘッドタイプのATH-WS1100。再生周波数帯域は5~40,000Hzで、出力音圧レベルは100dB/mW、最大入力は1,000mW、インピーダンスは38Ω

大型の高磁束磁気回路を採用し、大口径振動版の制御力を高めた新開発の「ディープモーション・ハイレゾオーディオドライバー」を搭載。重低音と高解像度のハイレゾ再生を実現するという

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 重低音なのにハイレゾ?
(2) 低域の迫力だけでなく明瞭感も良好な「ATH-WS1100」
(3) バランスのいい「ATH-CKS1100」
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

橋本マナミ、高畑容疑者は「本能のまま動く子」- 告白された時の印象語る
[13:47 8/26] エンタメ
CEDEC 2016 - ワコムブースで「ZBrush」と「Cintiq 27 QHD」を体験する
[13:36 8/26] パソコン
橋本マナミ、言い寄られていた高畑逮捕に「ビックリ」 - 洞察力に称賛の声
[13:24 8/26] エンタメ
林家正蔵、徳川家康役決定で「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」
[13:24 8/26] エンタメ
糖アルコールを炭素二重結合を含む化学原料に変換する触媒 - 東北大が開発
[13:12 8/26] テクノロジー