【ハウツー】

iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その22

矢橋司  [2015/12/15]

iCloud 写真共有で友達とアルバムを使おう

「写真.app」は自分の写真を整理するだけでなく、他の人と撮影した写真を共有して利用できるのも楽しい点だ。メールで相手に参加を申請してお互いに写真を投稿しあったり、コメントをつけることもできる。

[共有]タブをクリックすると、「iCloud写真共有」という表示がある。[共有を開始]ボタンをクリックして共有アルバムを作成しよう。するとダイアログが表示されるので、ここで共有アルバム名を決め、「参加依頼…」の項目に参加してもらいたい相手のメールアドレスを記入する。[+]ボタンをクリックすると、連絡先から参加者を選ぶこともできる。コメントを書いたら[作成]ボタンをクリックしよう。

[共有]タブをクリックすると次のような表示になる。[共有を開始]をクリックしよう

アルバム名を決め、参加者を記入する。メールアドレスを直接記入するか、[+]ボタンで連絡先から呼び出すこともできる

作成されたアルバムは最初は白紙のまま。「写真またはビデオを追加…」をクリックすると写真.app内のすべての写真やビデオが表示されるので、共有アルバムに追加したい写真をクリック。チェックがつくと[追加]ボタンで共有アルバムに追加される。

白紙の共有アルバムができた。「写真またはビデオを追加…」から写真を追加してみよう

登録したい写真をクリックするとチェックが付く。[追加]ボタンで追加される

写真が投稿された。表示は写真の縦横比に合わせて自動的にレイアウトされ、ダブルクリックすると1枚だけ大きく表示される

一度投稿されると写真.appを再起動するまでは共有アルバムの表示はアイコンになる。投稿時のタイル表示は「アクティビティ」で見ることができる履歴のようなもので、コメントなどもここに表示される。個別のアルバムはそれぞれ投稿された写真が並ぶ。「写真とビデオを追加」をクリックすればアルバムに写真を追加できる。

共有アルバムの一覧表示。投稿した時の自動レイアウトの画面はアクティビティで見ることができる

個別のアルバムを開くと投稿した写真が表示されている。「写真とビデオを追加」からさらに写真を追加できる

参加を申請された方の操作

参加申請を受けた人には次のようなメールが送られる。[参加する]をクリックすれば、iCloudユーザーはすぐに共有アルバムに参加できるようになる。

iPhoneで申請メールを受信。[参加する]をクリックして共有アルバムに参加しよう

するとiPhoneの写真.appが開いて先ほどの共有アルバムが表示される。タップして開くと共有アルバム内の写真一覧が表示される。見たい写真をタップすれば大きな表示となり、コメントを残すこともできる。

共有アルバムが追加された。タップして開くと投稿されている写真の一覧が表示されている

写真を選んでコメントをつけてみよう。「コメントを追加…」をタップしてコメントを書き、送信できる

写真.appの方にもコメントが表示された。ここで友達とコミュニケーションをとることもできる

iPhoneからも写真を投稿してみよう。[+]ボタンをタップすると写真を選択できる。選択して[投稿]ボタンを押すと投稿され、共有アルバムに参加している全員が写真を見ることができる。

[+]ボタンをタップして写真を選択、[投稿]ボタンで共有アルバムに投稿しよう

写真が追加で投稿された。参加者であれば誰でも投稿することができる

ちなみにiCloudユーザーでない人に申請メールが送られ、その人が[参加する]ボタンをクリックした場合、iCloudへのサインインを求められる。設定ボタンをタップするとiCloudの設定画面が表示されるので、アカウント情報を入力すれば参加できるが、そうでなければ参加できない。

iCloudユーザーでない人はiCloudへのサインインを求められる。投稿やコメントはiCloudユーザーである必要がある

そこで利用したいのが公開Webサイト機能。写真.appの[参加者]ボタンをクリックして「公開 Web サイト」にチェックを入れると、その下にURLが表示される。これをクリックするとWebブラウザから共有アルバムを表示できるようになる。

[参加者]ボタンをクリックして「公開 Web サイト」にチェックを入れ、表示されたURLをiCloudユーザー以外の参加者に送信しよう。最初からチェックが入っていれば、参加申請メールにリンクが付いたものが送られる

iPhoneのSafariで共有アルバムが表示された。写真へのコメントはつけられないが、投稿された写真を閲覧し、ダウンロードして保存することができるようになる

写真の投稿やコメントはiCloudユーザーしかできないので、友達とのコミュニケーションをとりたい場合はやはりiCloudに入ってもらうのがベスト。iCloudは無料で登録でき、Web上から写真.appがほぼそのまま使えるのでWindowsユーザーでも利用可能だ。

WindowsのGoogle ChromeからiCloud.comを表示。iPhoneで使えるアプリがそのまま利用できるのがポイント

写真.appはまだ共有アルバム機能がなく、オンライン上から共有アルバムを作ったり投稿したりすることはできないので注意しよう

次回は写真.appから実際に印刷されたアルバムやグリーティングカードを作ることができる「プロジェクト」について解説しよう。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 910gの薄型12.5型モバイルPC、写真で見る「ZenBook 3」
[03:08 5/31] パソコン
[アイマス]新作「プラチナスターズ」とローソンがコラボ グッズやイベント招待も
[00:00 5/31] ホビー
スネに傷持つゴルファーが秘境で運命の出会いを果たす、「オーイ!とんぼ」
[23:47 5/30] ホビー
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
「さんてつ」の吉本浩二、聴覚障害を題材にしたドキュメントマンガ1巻
[23:10 5/30] ホビー

特別企画 PR