【レビュー】

洋画大好きライターが「Fire TV Stick」(音声認識リモコン付属)を使ってみた【前編】

1 6,480円の抗えない魅力

 
  • <<
  • <

1/3

テレビ/ディスプレイのHDMI端子にスティック状のデバイスを差し込むだけで、ストリーミング動画を楽しむマシンに変えてくれる「Fire TV Stick」が、Amazon.co.jpで10月28日に販売開始した。

Fire TV Stick。ちっちゃい。超ちっちゃい

「Fire TV Stick」は、スタンダードなリモコン付属版と、音声検索できるリモコン付属版がラインナップされているのだが、Amazonプライム・ビデオ(年額3,900円・税込)をはじめとして、Hulu(月額933円・税別)、Netflix(HD画質。月額950円・税別)、ついでにニコニコ動画(プレミアム会員。月額540円・税込)にも加入し、動画配信サービスの虜となっている筆者は、当然のように製品発表とともに音声認識リモコン付属版を予約。だって見たい映画を音声で呼び出せるなんてかっこいいじゃない!

とノリで購入した筆者だったが、実際に使ってみると音声認識の精度の高さに自分がどハマりしてしまうとは知るよしもなかったのであった……(詳細は後編で!)

というわけで、今回の記事では早速ポチった「Fire TV Stick」のファーストインプレッションを紹介する。ちなみに、スタンダードリモコン付属版と、音声認識リモコン付属版は、本体部分は同じ。リモコンに音声認識を搭載しているかどうかだけが相違点なので、その部分以外の基本的な使い勝手は変わらない。

「Fire TV Stick」の本体と音声認識リモコン

Amazonの動画視聴デバイス「Fire TV」シリーズには、この「Fire TV Stick」のほか、もう1モデルラインナップされている。本体が据え置き型で4K映像やドルビーデジタルプラス、さらには内蔵するPowerVR GX6250グラフィックスによって3Dゲームにまでも対応しているSTBタイプの「Amazon Fire TV」だ。こちらは高性能な代わりに値段が高めに設定されており、「Fire TV Stick」ではスタンダードリモコン付属版が税込4,980円、音声認識リモコン付属版が6,480円のところ、「Amazon Fire TV」は税込で12,980円となっている。余談だが12月15日現在、「Fire TV Stick」音声認識リモコン付属版のお届けは「クリスマスイブまでに」だった。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 6,480円の抗えない魅力
(2) スマホやタブレットがリモコンに
(3) セットアップは超簡単! (無線LAN接続はちょい手間)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

高さ3mの巨大"嵐ツボ"がお台場に出現! 嵐5人の顔入りで記念撮影可能
[05:00 6/30] エンタメ
テレ朝、新たな帯ドラマ枠を来春創設 - 第1弾は倉本聰脚本・石坂浩二主演
[05:00 6/30] エンタメ
女性がぐっとくる男性の手料理は?
[04:00 6/30] ライフスタイル
「Windows 10 Anniversary Update」は8月2日リリース - Microsoftが発表
[02:46 6/30] パソコン
[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー