【ハウツー】

次のiPhoneでヘッドホン端子が廃止されるってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『次のiPhoneでヘッドホン端子が廃止されるってホント?』という質問に答えます。

***

次のiPhoneでヘッドホン端子が廃止される……という噂が飛び交っているようですね。さらなる薄型化のためには直径3.5mm大のヘッドホン端子は邪魔者、音楽はほかの手段で聴くようになるという趣旨ですが、真偽のほどは定かでありません。

可能性のひとつとして挙げられている「Lightning経由でのデジタル信号出力」は、技術的には十分ありえます。Lightning端子に接続する専用のヘッドホンもすでに存在しています。この接続形式の場合、ヘッドホン側でデジタル信号をアナログ信号に変換する(DAコンバータを搭載している)ため、3.5mmヘッドホン端子に接続する(iPhone内蔵のDAコンバータを使う)より音質的には有利です。

Lightning以外の方式がメインになる可能性もあります。たとえば、Bluetoothには「A2DP」というHi-Fiオーディオ規格があり、イヤホンやスピーカーなど対応製品が多数発売されていますが、これをiPhone標準のオーディオ出力に据える可能性も否定できません。ケーブル接続に比べ音質では不利な面があるものの、高性能コーデックを用意するなどの方法である程度はカバーできます。

実現の可能性でいえば、Lightningが高そうです。Bluetoothの場合、iPhoneにBluetoothイヤホンを同梱して一挙に普及を図るという手があるものの、市場では圧倒的多数派の従来型(有線)ヘッドホンは使えなくなります。一方Lightningの場合、ごく小さいDAコンバータを内蔵した短めの3.5mm端子変換ケーブルを同梱すれば、従来のヘッドホンとの互換性は保てます。

オーディオプレイヤーとしての存在感も大きいiPhoneのこと、現在利用されているオーディオ機器がすべて使えなくなるとは考えにくく、次の規格へスムーズに移行できるようなんらかの措置が講じられることでしょう。もっとも、ヘッドホン端子が廃止されるという話は噂に過ぎませんから、いまの段階から心配するのは気が早すぎるかもしれません。

次のiPhoneではヘッドホン端子が廃止される、という噂が飛び交っているようですが……

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電