【ハウツー】

iPhone/iPadを手放すことになった場合、最終チェックするポイントはここ

 

一時期、iPhone/iPadはよく盗難のターゲットにされていた。持ち運びやすく、人気があり換金性も高いため、被害にあうユーザはあとを絶たなかったのだ。それがiOS 7の登場以降、目に見えて被害件数は減少した。「アクティベーションロック」が導入されたからだ。

アクティベーションロックとは、正当なユーザでなければ端末を利用できなくする機能のこと。iOS 7からサポートされ、「iPhoneを探す」をオンにすると有効になる。こうしておくことで、「iPhoneを探す」機能をオフにする、端末を再アクティベートする、端末のデータを消去して工場出荷状態に戻すといった処理ができなくなるので、盗品の流通が困難になり盗難事件の減少につながったというわけだ。

しかし、自分の意思で手放すとなると話が変わってくる。次の所有者が利用できないことには意味がないため、アクティベーションロックを無効化した状態で譲り渡さなければならない。

アクティベーションロックの状態は、icloud.comのWEBサイトからかんたんにチェックできる。iPhone/iPadが手もとにない場合でも、IMEIまたはシリアル番号さえわかればOKだ(『設定』→「一般」→「情報」画面やSIMトレイで確認できる)。知人からiPhoneを譲り受けたはいいがアクティベーションできないという場合は、以下の手順に従い作業すればアクティベーションロックの状態をチェックできる。

ところで、iPhone/iPadを中古ショップに売却する場合、アクティベーションロックがオンの場合は買い取ってもらえないことがほとんど。オンのまま持ち込むと、店頭でApple IDとパスワードの入力を求められることになるため、あらかじめアクティベーションロックがオフなことを確認しておこう。

操作手順をカンタン解説

1 Safariで「icloud.com」にアクセスし、「アクティベーションロックのステータス確認」をタップする

2 自分が所有していた(今回手放す)iOSデバイスのIMEIまたはシリアル番号を入力する

3 人間が作業していることを証明するために、上に表示されている文字列(キャプチャ)を入力してから「次へ進む」をタップする

4 iPhone/iPadのアクティベーションロック状態が表示される

(提供:iPad iPhone Wire)

人気記事

一覧

新着記事

ハワイアン航空、羽田緊急着陸の経緯発表--機体はブレーキ交換を経て復帰
[19:16 7/26] 趣味
『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』、先行上映会のLV会場追加
[19:15 7/26] ホビー
昼休みにセキュリティ講座、カスペルスキーが働く女性向けに
[19:02 7/26] 企業IT
野菜ソムリエ100人が考えたトルティアチップスのレシピを公開 - 湖池屋
[19:02 7/26] ヘルスケア
メタビル「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」特設サイト公開、深い青で高い質感
[19:00 7/26] ホビー