【レビュー】

Core i5モデルとCore m3モデルを比較 - 第4世代に突入した「Surface Pro 4」はWindows 10の本命デバイスか

1 ラインナップは6モデル

 
  • <<
  • <

1/5

第4世代の「Surface Pro 4」

2013年2月から3回のリニューアルを重ね、2015年11月12日に第4世代となるMicrosoftの「Surface Pro 4」が発売された。今回のラインナップは6モデルだが、ここではミドルレンジに位置するIntel Core i5モデルのレビューをお送りする。

Surface Pro 4本体と付属のSurfaceペン、別売りのSurface Pro 4タイプカバー

まずは一般向けSurface Pro 4のラインナップを整理しておこう。CPUとメモリ容量、ストレージ容量によって異なるモデルを用意しているのは従来どおり。なお、括弧内は税別参考価格である。

  • Intel Core m3、4GBメモリ、128GB SSD (124,800円)
  • Intel Core i5、4GBメモリ、128GB SSD (139,800円)
  • Intel Core i5、8GBメモリ、256GB SSD (179,800円)
  • Intel Core i7、8GBメモリ、256GB SSD (214,800円)
  • Intel Core i7、16GBメモリ、256GB SSD (239,800円)
  • Intel Core i7、16GBメモリ、512GB SSD (289,800円)

ただし、11月に発売したのはIntel Core i5モデルまで。Intel Core i7モデルは2015年12月の発売を予定している。本体に付属するのは、Surfaceペン、電源アダプタ、Office 365 Home & Business Premiumプロダクトキーなど。以前のシリーズと同じく、専用のSurface Pro 4タイプカバーは別売りだ(税別参考価格は16,400円)。

Surface Pro 4の構成物を並べた状態。クイックスタートガイドや保証に関するドキュメントも付属

今回は日本マイクロソフトから、Surface Pro 4法人モデル(Intel Core i5、8GBメモリ、256GB SSD)にOffice 365 Soloをインストールしたモデルを借用した。一般向けと法人向けモデルの差は、Officeがプリインストールされるかされないかのみ。Surface Pro 4本体に相違点はない。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) ラインナップは6モデル
(2) 迫力あるPixelSenseディスプレイ
(3) 軽量性と携帯性も魅力
(4) 外出先で活躍するタイプカバーとSurfaceペン
(5) ベンチマークいろいろ
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

インフォース、AccessのデータベースをAzure SQLへ変換するサービス
[12:52 6/29] 企業IT
オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー