【レポート】

米Sprintの反転攻勢に自信、孫社長「ネットワークが全米でNo.1にならなかったら、それは孫正義の責任」

 

ソフトバンクは4日、 2016年3月期第2四半期決算説明会を開催した。その中で孫正義グループ代表は、米Sprintの業績改善を繰り返して強調。「ネットワークが全米でNo.1にならなかったら、それは孫正義の責任だ」と発言している。

ソフトバンクは4日、 2016年3月期 第2四半期決算説明会を開催。孫代表はSprintの業績改善について言及した

決算説明会の冒頭、福岡ソフトバンクホークスの優勝を報告して笑顔になった孫代表。ソフトバンクグループが行ってきた数々の施策についても、方々で実りつつあると報告した。ただ唯一、まだ充分な成果が出ていないのが、米国におけるSprintの業績だ。しかしその課題に関しても、改善の兆しが見えてきたという。

登壇して概要を説明する、ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏

「解決の道筋が見えてきた。あとは実行するのみ。赤字は続いているが、解決方法が見えた。トンネルの先の光が見えた」と孫社長。その言葉を裏付けるように、ここ最近では純増数が伸び続けており、解約率も急激に改善しつつある。解決の糸口は、どこにあったのだろうか。

純増数については、大手4社で唯一の増加(写真左)。マルセロ新体制になってから9四半期ぶりに純増に転換した(写真中)。解約率も1.54%に改善(写真右)

ソフトバンクグループでは、Sprintのネットワーク改善に注力している。最近では、他社に先駆けてキャリアアグリゲーションを実施した結果、ダウンロード速度が向上した。孫代表は、このネットワークの改善が業績の回復に直接つながったと分析している。同社では今後、通信インフラをさらに強化していく考えだ。

通信ネットワーク環境が強化され、ダウンロード速度が向上した

孫代表は「全米No.1のネットワークを実現するには、今後1年半~2年はかかるが、私の責任としてやっていく。SprintのネットワークがアメリカでNo.1にならなかったら、それは孫正義の責任だと言って頂いて結構。それくらい、次世代のネットワークに自信が出てきた。これを巨額の設備投資をかけず、最低限の費用で構築していく」と快気炎をあげる。

全米 No.1のネットワークを実現する

これまでもソフトバンクとSprintの間で、繰り返し行われてきたネットワークの設計会議。最近では、開催が待ち遠しくなるという。孫代表は「夜のネットワーク会議が私の喜び、趣味の時間になっている」と笑みを浮かべた。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー