【ハウツー】

Macを使って、iPhoneの画面を動画として保存する方法を紹介

 

パソコンやスマートフォンの画面を静止画として保存する「スクリーンショット」。システム設定のポイントや操作の手順を説明するとき便利なことから、iOSにもシステム標準の機能として用意されている。使いかたはかんたん、スリープボタンを押しながらホームボタンを押せば、そのときの画面がカメラロールにPNG画像として保存される。

しかし、すべてのアプリでうまくいかないとは限らない。アクションゲームのように動きが激しいアプリの場合、これぞ、という場面をタイミングよくスクリーンショットに収めることが難しい。iPhone 6s/6s Plusでサポートされた動きのある写真「Live Photos」のように、スクリーンショットでは再現困難なコンテンツもある。

そんなときには、iPhoneの画面を動画として保存してみよう。システムにOS X Yosemite以降が動作するMacとLightningケーブルを用意すればOK、これでOS Xアプリ「QuickTime Player」を使いiPhoneの画面そのままを動画として保存できる。

手順はかんたん、MacでQuickTime Playerを起動し、新規ムービー収録を開始する。そのあとiPhone/iPadをLightningケーブルで接続し、赤丸の録画ボタン右横にある「∨」をクリックしよう。現れたデバイス名を選択すれば、iPhone/iPadの画面がMac上に現れるはずだ。あとは録画を開始し、iPhone/iPadを操作して目的のシーンを表示すればいい。

なお、操作中にはiPhone/iPadを持つ方向を変えないこと。垂直/水平の表示モードが切り替わると、録画が強制終了されてしまう。1分につき100MB以上と容量が嵩むため、QuickTime Playerの機能を使い画面サイズを縮小して書き出すなどの工夫も必要だ。

操作手順をカンタン解説

1 Macで「QuickTime Player」を起動し、メニューバーから「ファイル」→「新規ムービー収録」を選択する

2 iPhoneとMacをLightningケーブルで接続し、赤丸の録画ボタン右横にある「∨」をクリック、現れたデバイス名を選択する

3 これで、接続したiPhone/iPadの画面を動画としてMacに保存できる。撮影中、垂直/水平方向を切り替えると録画が強制停止されるので注意

(提供:iPad iPhone Wire)

人気記事

一覧

新着記事

HPE、ミッションクリティカル用x86サーバ「Superdome X」の新製品
[11:08 8/31] 企業IT
『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期ワールドプレミア上映会開催決定
[11:00 8/31] ホビー
櫻井VS有吉『ゼウス』第3弾放送決定! ジャニーズ軍に新たに3グループ参戦
[11:00 8/31] エンタメ
俳優・松岡広大が語る"役者としての自分" - 同世代が多いからこそ刺激を受ける
[11:00 8/31] エンタメ
ゴミ収集車による環境データ収集する慶應大×藤沢市の取り組み
[11:00 8/31] 企業IT