【レポート】

実物大ガンダム歩行の夢が一歩前進、一次計画案決定に富野監督「大きなブレイクスルーにつながる」

 

「ガンダム GLOBAL CHALLENGE PRESENTATION ~第一次選考発表会~」が26日、東京・秋葉原UDXシアターで開催され、『機動戦士ガンダム』の生みの親である富野由悠季監督、SUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN)らが登壇した。

左からSUGIZO、金子裕哉氏、ミン・スン・チェン氏、木原由光氏、富野由悠季監督

「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」は、『機動戦士ガンダム』が生誕40周年を迎える2019年に、18mの実物大ガンダムを動かすことを目指すプロジェクト。実物大ガンダムを動かす「リアルエンターテイメント部門」と、仮想空間で動きを再現する「バーチャルエンターテイメント部門」の2部門で広くアイデアを募り、今回その第一次選考の受賞式が行なわれた。アイデアを認められた受賞者は、今後「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」メンバーとなる。

今回の受賞者は以下の通り。

リアルエンターテイメント部門
「ガンダムとザクに相撲をとらせて四脚にした自立歩行(または足を上げて一歩踏み出し)の実現」
金子裕哉氏
「ロボットが人間のような歩行を実現するための、ヒューマノイドロボット歩行に関連する新しいメカニズムの提案」
ミン・スン・チェン氏(国立台湾大学非常勤准教授)
「外部動力供給式軽量型ガンダム独立歩行システム」
木原由光氏(ロボフューチャー株式会社代表取締役)
「ガンダム・リサーチ・オープンプラットフォームの解説」
岡田慧氏(東京大学情報システム工学研究室准教授)
バーチャルエンターテイメント部門
該当なし

受賞式には金子氏、ミン氏、木原氏の3名が参加。学生である金子氏は、「まさか選んでいただけるとは思わず光栄です。僕には2つ夢があって、それは富野由悠季監督にお会いすることとガンダムを作ることでした。ですから、こんなにうれしいことはありません」と感慨深げに語っていた。

受賞式のプレゼンターには、LUNA SEAなどで活動するギタリストのSUGIZOが登場。賞金の目録を手渡したSUGIZOは、「僕は小さなころからSF少年でしたが、今少しずつ夢が現実になっているのを感じるとともに、僕らが夢見た明るい世界には必ずしもなっていないとも思っています。明るく美しい、平和な未来を生み出すテクノロジーを創り出してください。ガンダムと、この世界のために」とコメントを寄せた。

受賞式後には、現在の「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」のリーダー陣が登壇。富野監督はガンダムを歩かせる夢を絵空事と前置きしながらも、「巨大ロボットの二足歩行を実現させることはバカバカしい絵空事ですが、それはリアリズムでものを考えていく礎だと思っています。人型のものを動かすということが工学的にどれだけバカバカしく大変なのか。しかし、それに挑戦し努力することは大きなブレイクスルーにつながると思います。絵空事を現実にしてくれたらうれしいですね」と皮肉の中にも愛情のある言葉を贈った。

同企画は今後、今回の受賞アイデアをネット上で公開し、これを土台にしたオープンイノベーションとして2015年11月2日~2016年2月29日まで新たなアイデアを募集する。2016年秋に基本プランを決定し、2017年に実施設計、2018年に製作調整を行ない、2019年のプロジェクト成果発表を目指す予定となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

小林麻央、抗がん剤にお願い「どうか、私の癌を小さくして下さい」
[13:47 9/29] エンタメ
[ミス美しい20代コンテスト]グランプリは大分県出身・是永瞳さん 空手2段のスポーツウーマン
[13:45 9/29] エンタメ
陣内・熊切、愛之助・紀香の披露宴同日に番組共演 - 「それはアカン!」と反省
[13:41 9/29] エンタメ
【特別企画】美人OLを襲う"スマホの二重苦……" - 解決するのは「バッテリー付きモバイルルーター」だった!
[13:32 9/29] スマホとデジタル家電
Spotify、遂に日本上陸!! - 3,000万曲以上聴き放題で無料プランも用意
[13:29 9/29] スマホとデジタル家電

本音ランキング