【ハウツー】

iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その19

矢橋司  [2015/10/23]

「写真.app」の使い方 その1 写真を取り込んで整理しよう

Macで写真を扱うソフトウェアはそのものずばり、写真(.app)だ。デジカメから写真や動画を読み込んで管理するために利用するだけでなく、iPhoneで撮影した写真を自動的に同期し、整理できるようになる。今回はデジカメとiPhoneで撮影した写真を読み込む方法を解説しよう。

なお今回、一般名詞の「写真」と区別するために、ソフトウェアの方は「写真.app」という表記にする。

写真.appを起動して読み込む

写真.appを起動すると最初にスタート画面が表示される。ここで「クイックツアー」を選ぶと、写真.appでできることが説明される。すぐに始めたい場合は「はじめよう」ボタンをクリックしよう。

写真.appのアイコンはこれ。クリックしよう

初めて起動するとイメージと共にクイックツアー表示、[はじめよう]ボタンが表示される

まだ何も読み込まれていない状態だと次のような表示になる。まずはデジカメで撮影したデータを読み込んでみよう。デジカメを直接接続するか、撮影したSDカードをMacに挿入(一部機種ではSDカードリーダーを使う)すると、撮影された写真が自動的にサムネイル表示される。

何も読み込まれていないときはこのようにいくつかの読み込み方が表示される

SDカードを接続するとMacにマウントされ、写真.appは「読み込み」タブにSDカード内の写真のサムネイルが表示される

このまま[すべての新しい写真を読み込む]をクリックすれば、SDカード内のデータがすべて読み込まれる。

[すべての新しい写真を読み込む]でSDカード内のすべての画像が読み込まれる

もし選択したものだけを読み込みたい場合は、サムネイルをクリックするとチェックマークが入り、チェックがついたものだけが取り込まれる。また「読み込み後に項目を削除」にチェックを入れておくと、写真の読み込み後にSDカード上のデータが削除される。

サムネイルをクリックするとチェックマークが付き、選択した項目のみを読み込むことができるようになる。また「読み込み後に項目を削除」にチェックを入れれば、読み込まれた画像がSDカードから削除される

写真が読み込まれると「写真」タブでは日付別に自動的に分類される。写真に位置情報が入っていれば、撮影場所なども表示される。

「写真」タブをクリックすると、読み込んだ画像が日付別に自動分類されている。位置情報があればそれも分類に反映される

iPhoneから写真を取り込む

iPhoneも同じように、Macに接続すると自動的に写真.appが起動してiPhone内の写真を読み込むことができる。

iPhoneをMacに接続すると、カメラを接続したときと同じようにiPhone内の写真がすべて表示される。読み込み方は同じだ

しかしiPhoneの場合は、iCloudを使って同期する方が簡単だ。まずiPhoneの[設定]-[iCloud]の「写真」を「オン」にし、「iCloudフォトライブラリ」をオンにしよう。

[設定]-[iCloud]の「写真」を「オン」にして詳しい設定を行う

「iCloudフォトライブラリ」をオンにしよう。このとき「iPhoneのストレージを最適化」にチェックを付けると、iPhone上の写真を小さなサイズのものに変換して容量を節約できる

Mac側では「システム環境設定」の「iCloud」で「写真」をオンにすると[オプション…]ボタンが表示されるのでこれをくりっくして、同じく「iCloudフォトライブラリ」をオンにする。

「システム環境設定」の「iCloud」で「写真」をオンにしてオプションを確認しよう。iCloudフォトライブラリにチェックが付いていればOK

iCloudを経由するので初回は少し時間がかかるが、iPhoneで撮影していたデータが自動的にiCloudにアップされ、これを経由してMacの写真.appに読み込まれる。iPhone内の写真はすべて読み込まれるので、スクリーンショットなども入ることになる。同期が終わってしまえば以後の同期は早くなる。

iPhoneに入っていたスクリーンショットなどが同期された。iPhone内の写真が多ければかなり時間がかかるので気長に待とう

Mac内の写真を読み込み

すでにMac内に写真がある場合、フォルダを指定して読み込むか、ドラッグ&ドロップで読み込むことができる。

フォルダを指定する場合は、[ファイル]-[読み込む…]を選んで写真が入っているフォルダを指定して読み込もう。

[ファイル]メニューから「読み込む…」を選んでフォルダを指定しよう

写真の入っているフォルダがデスクトップにある場合は、そのままドラッグ&ドロップすれば読み込まれる。

写真の入っているフォルダが表示されている場合は、どの画面でもいいので写真.app上にフォルダをドラッグ&ドロップしよう

取り込みが完了すると通知が表示される

以上、写真.appへの写真の読み込みが完了した。次回は読み込んだ写真を分類するために、アルバムを作ってみよう。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

ZOTAC、有線LANと無線LANに対応したWindows 10搭載スティック型PC
[20:46 5/24] パソコン
JR西日本「みまさかノスタルジー」乗車したまま「津山まなびの鉄道館」へ!
[20:33 5/24] ホビー
【レポート】今週の秋葉原情報 - GeForce GTX 1080は27日22時の発売開始! 旧モデルは在庫処分セールも
[20:32 5/24] パソコン
アデル、ソニーと140億円の巨額レコード契約か
[20:12 5/24] エンタメ
[魚住りえ]「笑点」新司会者・春風亭昇太に「早く結婚して」とエール 滑舌の悪さも「味なんですよね」
[20:09 5/24] エンタメ

特別企画 PR