【レポート】

エイサー、SIMフリースマホ「Liquid Z530」で日本市場に本格参入へ

1 安価でも機能満載

  • <<
  • <

1/3

日本エイサーは21日、SIMロックフリー端末「Acer Liquid Z530」を発表した。高機能カメラ、ハイレゾ対応、PC連携などが製品の特徴となっている。同日より予約受付を開始し、11月13日に発売する。想定売価は税別25,000円前後。本稿では、都内で開催された記者説明会の模様をお伝えする。

高機能カメラ、ハイレゾ対応、PC連携などが特徴の「Acer Liquid Z530」。SIMロックフリー端末として11月13日より販売する

日本市場に本格参入!

説明会の冒頭、日本エイサーのボブ・セン代表取締役社長が登壇して挨拶した。今年の1月、日本市場向けに初めてSIMロックフリー端末を提供したエイサー。同端末の発売以来、利用者からたくさんのフィードバックを得たという。それらの課題をひとつひとつクリアして、新製品の開発に活かした。ボブ・セン社長は「これから日本市場に本格的に参入する。今日は、その宣言をさせていただければ」と力強く話した。

日本エイサーのボブ・セン社長は「日本市場はこれから変革が起こり、より面白く活性化していく。エイサーもその一翼を担えれば」と意欲的に話した

続いてAcer本社のスマートプロダクトビジネスグループプレジデントであるS.T.Liew氏が登壇。事業戦略について紹介した。エイサーではPC、スマートフォン、タブレットなど様々なスマートデバイスを開発しているが、今後はそれらの機器を“いかににシームレスにつなげていくか”を課題に掲げる。

今回の新製品Acer Liquid Z530には、PCの画面とシンクロできる機能「AcerEXTEND」を標準搭載した(機能の詳細は後述を参照)。S.T.Liew氏が所属するスマートプロダクト部門は3年前に発足。これまで西ヨーロッパ、中南米、東南アジアで展開してきたが、いよいよ日本でも本格的に事業を展開する。同氏は「最適なタイミングで参入でき、とてもワクワクしている」と話した。

登壇するAcer本社のS.T.Liew氏。この日の発表会では語られなかったが、8インチのゲーム用タブレット端末、プレデターシリーズの紹介も行われた

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 安価でも機能満載
(2) 「Acer Liquid Z530」の概要
(3) でも販路は未定

人気記事

一覧

新着記事