【レビュー】

Windows 10 Insider Previewを試す(第32回) - UI/UXの改善が顕著な「ビルド10565」登場

1 Skypeの代わりとなる「メッセージング」をリリース

  • <<
  • <

1/3

MicrosoftのGabriel Aul氏は2015年9月24日(以下すべて現地時間)の時点で「ビルド10550はまもなく開発を終える」と発言していた。その後Aul氏は「Windows 10は『挑戦的なバグ』を修正するため作業時間が必要だ」と、10月8日に発言している。Windows 10 Mobileの開発に人員を割いて、Windows 10は後回しにするのかと予想していたところ、10月12日に新ビルド「Windows 10 Insider Preview ビルド10565」のリリースを発表した。まずはMicrosoftの公式発表に沿って、ビルド10565の改善点を確認していく。

2015年10月12日(現地時間)にリリースしたWindows 10 Insider Preview ビルド10565。新たに「Version 1511」という文字列が加わっている

Skypeの代わりとなる「メッセージング」をリリース

Windows 10開発時(ビルド10240以前)のMicrosoftは、アクションセンター経由によるメッセージの送受信が可能になるとアナウンスしていたが、いざ無償アップグレードが始まっても、そのようなアプリケーションは用意されなかった。別ラインで開発を進めているWindows 10 Mobile Insider Preview向けには、新たな標準IM(インスタントメッセージ)としてMessaging Skype Betaを2015年9月にリリースしている(当時の記事はこちら)。

だが、Messaging Skype Betaはモバイルデバイス向けアプリのため、Windows 10上では動作しなかった。筆者はMessaging Skype BetaのユニバーサルWindowsアプリ化を推し進めると思っていたが、実際は「Microsoftメッセージング(以下、メッセージング)」という新たなユニバーサルWindowsアプリを「ストア」経由で提供する手段を選択した。

ビルド10565へアップグレードし、「ストア」を起動すると多くのユニバーサルWindowsアプリの更新が始まった。「Microsoftメッセージング」という見慣れないアプリケーションが確認できる

メッセージングを起動すると、"Skypeとのメッセージ送受信が可能"であることが示され、Skypeディレクトリ経由でのユーザー登録などが行われる。その設定操作は極めてシンプル。悪く言えば基本的機能しか備えていないが、Aul氏は「Skypeとの音声通話やビデオ通話、メッセージの送受信が3G/4GやWi-Fi上で楽しめる。(中略)初期プレビューのため、いくつかのバグが残っているが今後は毎月更新プログラムを提供し、多くの機能を追加する」と説明している。

起動直後の「メッセージ」。Skypeベースのメッセージ送受信アプリケーションであることが示される

Microsoftアカウント経由でのサインインが自動的に行われる

Skypeディレクトリによるユーザー検索を求められる。この他にも携帯電話の番号入力も求められるがスキップも可能だった

実際に使ってみると違和感を覚える場面をいくつか体験した。例えばSkype for Windowsが起動している場合、メッセージなどを受信すると"メッセージングとSkypeが同時に反応"するため、戸惑ってしまう。もちろんSkype for Windowsを終了させ、自動起動しなければよいはずだが、メッセージングを起動していない状態では音声通話やビデオ通話の着信が分からないのである。Aul氏は「着信通知はアクションセンターに残るため、アプリケーションを開かずにインライン返信も行える」と説明しているが、筆者が試したバージョン(1.10.11001.0)では未実装なのかもしれない。ちなみにメッセージは後から参照できる。

メッセージの送受信は特に問題なく動作するが、Skype for Windowsを常駐させていると同時に反応してしまう

メッセージング起動時に音声通話やビデオ通話の着信があると、デスクトップ右下にトースト通知が現れる

こちらはビデオ通話中の状態。「Skype Video」というアプリケーションが起動する

タスクマネージャーを起動すると、Skype VideoがメッセージングやSkypeと異なるアプリケーションであることが確認できる

Aul氏も述べているようにメッセージングは初期のプレビュー版のため、今回使用した限りでは、"Skype for Windowsのアンインストールして移行すべき"とは、とても言い難い。少なくともアプリケーションオフライン時の着信通知機能が安定動作するようになってから移行しても遅くはないだろう。

テキストボックスの<+>を押すと、既存の連絡先が開いて通話相手を追加できる

ロック画面の簡易ステータスを確認したところ、メッセージングは既に対応している

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) Skypeの代わりとなる「メッセージング」をリリース
(2) 一歩ずつ成長する「Microsoft Edge」
(3) より使いやすくするためUI/UXを改善
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事