【レポート】

第8回タムロン鉄道写真コンテスト入賞作品展、そごう大宮店で開催 - 写真と鉄道を愛する個性的な作品が集結

 

タムロンは、「第8回タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景コンテスト」の入賞作品写真展を、そごう大宮店3階特設会場(ビックカメラ連絡通路)にて開催している。期間は10月9日から10月31日まで。入場は無料。本稿では、入賞作品授賞式と入賞作品写真展の様子をお伝えする。

タムロン鉄道写真コンテストは、今年で8回目の開催となるフォトコンテスト。風景、スナップなどのスタイルを問わず、鉄道が写った写真を広く募集するもの。撮影機材や撮影場所、カラー・白黒といった制限もない。一般の部と小・中・高校生の部を設けており、小学生未満も応募可能だ。2015年5月1日から8月20日までの期間に作品募集を行い、1,753名から6,554点の応募があった。

(右から)鉄道写真家の広田氏、小・中・高校生の部「大賞」の北村さん、フォトライターの矢野氏、タムロン代表取締役社長の小野氏

10月31日までそごう大宮にて「入賞作品写真展」を実施

審査員は鉄道写真家の広田尚敬氏とフォトライターの矢野直美氏が務め、一般の部「大賞」には富澤涼一さんの「新種!電車桜」、小・中・高校生の部「大賞」には北村伶奈さんの「いすみ鉄道女子会」、「ユーモアフォト賞」には西河博美さんの「夏のおもてなし」を選出。それぞれ、賞金とタムロン製レンズが進呈された。

一般の部大賞「新種!電車桜」、富澤涼一さんの作品

小・中・高校生の部大賞「いすみ鉄道女子会」、北村伶奈さんの作品

ユーモアフォト賞「夏のおもてなし」、西河博美さんの作品

入賞作品受賞式では、さいたま市長である清水勇人氏と、さいたま市商工会議所 会頭の佐伯鋼兵氏が祝辞を述べた。清水市長は、「どの写真も、努力なしでは撮影できない個性を持った写真ばかり。写真や鉄道に対するあたたかい想いが伝わってきて、微笑ましかった」とコメント。また、さいたま市商工会議所の佐伯鋼兵氏は、「一瞬のシャッターチャンス狙って、撮影している感じが伝わった。幅広い世代の作品が展示されているので、多くの人に見てもらいたい」と話した。

テープカット、(右から)タムロン代表取締役社長の小野守男氏、さいたま市教育委員会 生涯事業部長 森田敏男氏、さいたま市長 清水勇人氏、さいたま商工会議所 会頭 佐伯鋼兵氏、そごう大宮店長 堤真理氏

審査員を務めた鉄道写真家の広田氏と、フォトライターの矢野氏「熱気の伝わる個性的な写真が多く目立ちました」

審査員を務めた鉄道写真家の広田氏と、フォトライターの矢野氏は、「年々応募作品のレベルが上がってきている。今年の夏は暑かったが、その熱気をはらんだような作品ばかりだった。今年の傾向として個性的な作品が目立ちましたね」と述べた後、今後のアドバイスとして、「プリントをもう少し頑張れば、もっと良くなる写真が多かった。デジタル写真は簡単にプリントできる分、プリントを良くすると、もっと審査員に伝わりやすい作品になる。撮影技術だけでなく、プリント技術を磨くこともおろそかにしないでほしい」と講評を締めくくった。

一般の部「大賞」の富澤涼一さん、写真を始めた年に「タムロン賞」を受賞。去年は佳作だったという。「念願の大賞を受賞できて本当に嬉しい」とコメント

小・中・高校生の部「大賞」の北村伶奈さん。作品は、高校の写真部で行った撮影会での風景。「ケーキを食べようとしている部員の表情がいいなと思ってこの作品を応募しました。選ばれた時はビックリしました」とはにかんだ笑顔で答えた

ユーモアフォト賞の西河博美さん。水鉄砲で電車を迎えるイベントで女性の駅長さんが駅で電車を待つ風景を撮影。「応募締切日に送ったので、応募が間に合って良かったです」と述べた

どの作品も思わず立ち止まって見てしまうような、色鮮やかな作品が多く見受けられた

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ロバート秋山が扮する「クリエイターズ・ファイル展」開催中
[20:56 9/27] シゴト
「ぼくは麻理のなか」完結巻で色紙当たる、押見修造のサイン会も
[20:47 9/27] ホビー
JR北海道、石北本線上川~白滝間10/1復旧 - 特急「オホーツク」も運転再開
[20:44 9/27] ホビー
子どものストレス、世帯所得によって原因に違い
[20:32 9/27] マネー
[映画興行成績]「君の名は。」がV5 累計興収は111億円を突破
[20:30 9/27] エンタメ