【レビュー】

価格も判明! 冬春モデルの本命となるか - 「Nexus 6P」ファーストインプレッション

1 片手操作は難しそうな6インチ級

 
  • <<
  • <

1/3

ソフトバンクは8日、同社の携帯電話・スマートフォンの2015年冬・2016年春モデルの新製品発表会を開催し、この中でGoogleの「Nexus 6P」を日本のキャリアとしては独占販売することを明らかにした。Y!mobileブランドで販売するNexus 5Xと合わせ、同社系列でNexusの2015年モデルを両方扱うことになる。今回、ハンズオンコーナーでNexus 6Pの実機に触れる機会があったので、レポートしよう。

Nexus 6P

iPhone 6s Plusよりちょっと薄いが大きい

Nexus 6Pは、9月末に発表されたばかりのGoogleの「Nexus」シリーズのスマートフォンだ。2014年はGoogleに買収されたモトローラが開発を担当したが、6Pでは中国のファーウェイが開発を担当している。

画面サイズは5.7インチで、「6」では5.96インチだったのでやや小さくなったが、「ほぼ6インチ級」というサイズはキープしている。ディスプレイは狭額縁タイプなので、本体の幅は約5mm小さくなったが、縦方向はほぼ同等(0.14mm長くなっている)。そのため全体に縦長になった感がある。画面解像度は変わらずWQHD(2,560x1,440ドット)のままで、わずかに解像度は高くなっている。

6インチ級ということで、手に持つのはかなりギリギリという人も多そう。筆者はかなり手が大きい方だが、それでも片手操作はなかなか難しい

iPhone 6s Plusと並べると画面サイズはほぼ同等だが、ほんのわずかに縦方向に大きい

一方、幅と薄さは6Pが下回っている。iPhoneは6sでわずかに厚くなっているのでさらに差は広がった

ボディカラーはフロスト(ホワイト)、アルミニウム(シルバー)、グラファイト(ブラック)、ゴールドの4色。本体は178gと、最近のスマートフォンとしては割と重量級だが、重さのバランスがいいのか、iPhone 6s Plusと比べても、さほど重たいという印象はなかった。

ボディは金属製で、サンドブラストのような処理がかけられており、特にアルミニウムやゴールドは質感もなかなかいい

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 片手操作は難しそうな6インチ級
(2) ホワイトバランスが気になるカメラ
(3) iPhoneユーザーも心動かされる出来
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

俺より面白いものつくるんじゃねえ!!アオイホノオ特集、同人誌の一部も公開
[00:50 8/25] ホビー
[島本和彦]コミケで大人気の「シン・ゴジラ」同人誌 小学館のマンガサイトで異例の公開
[00:08 8/25] ホビー
「みつどもえ」桜井のりお、9月から新連載!伏せ字だらけの予告が週チャンに
[00:00 8/25] ホビー
赤井&安室祭り!青山剛昌が描いた名場面がサンデーSの全サに、対峙する付録も
[00:00 8/25] ホビー
[BLUE GIANT]マンガ大賞2年連続ノミネート作が“終幕” 次号から海外編突入
[00:00 8/25] ホビー