【レポート】

面倒なフィルター掃除から解放 - 日立、空気清浄機「クリエア」説明会

1 フィルターの掃除までおまかせ

 
  • <<
  • <

1/3

日立アプライアンスは、報道関係者向けに新製品説明会を開催。冬に需要が高まるという空気清浄機と掃除機を取り上げ、10月24日に発売予定の加湿空気清浄機「自動おそうじ クリエア EP-LVG110」(以下、EP-LVG110)、9月に発売された紙パック式掃除機「かるパック CV-PC500」(以下、CV-PC500)を紹介した。

自動おそうじ機能搭載の加湿空気清浄機「自動おそうじ クリエア EP-LVG110」と、紙パック式掃除機のプレミアムモデル「かるパック CV-PC500」

フィルターが勝手にキレイ?

製品の説明をする日立アプライアンス 商品計画本部 主任の湧廣修氏

説明会では、日立アプライアンス 商品計画本部 主任 湧廣修氏が登壇し、製品の開発背景やデモを交えた説明を行った。湧廣氏いわく、日立アプライアンスの空気清浄機購入者を対象に調査を行ったところ、不満点として「本体の大きさ」がトップ、「お手入れの面倒さ」が次点で挙げられたという。「普段お手入れする場所」を尋ねたところ、66%以上が「プレフィルター」と答えた。そこで、新製品となるEP-LVG110は、国内の家庭用加湿空気清浄機としては業界初となる「自動おそうじ機能」を搭載した(日立アプライアンス調べ)。

自動おそうじ機能を実現したのは、本体裏面のカバーに配置された「自動おそうじユニット」。ユニットには洋服のホコリなどを除去するエチケットブラシと同じ素材の起毛生地が埋め込まれている。この起毛ブラシが、プレフィルターに沿って上下に動くことで、表面のホコリを取り除く仕組みだ。

集めるだけではなく、除去したゴミを自動でダストボックスへ運ぶ。ユーザーが行う手入れは、目安として年に1回ほど、ダストボックス内のゴミを捨てるだけ。おそうじユニットは簡単に取り外せ、まるごと水洗いすることも可能だ。

本体背面のカバーに搭載されている自動おそうじユニット。起毛生地でできたブラシが上下に動くことでプレフィルターを掃除する。ユニット自体も簡単に取り外せて、まるごと水洗い可能だ

【左】会場では、おそうじユニットが動くところが見えるよう、背面カバーを透明にした特別機も。ユニットが下から上に動いて掃除する様子が観察できた。【中・右】緑の毛クズが付着したプレフィルターで実験。左が掃除前、右が自動おそうじユニットで掃除した後

キャッチしたゴミは、自動的にダストボックスにたまっていく。掃除は年に1回、ボックスのゴミを捨てればいいとのこと

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) フィルターの掃除までおまかせ
(2) フィルターは10年交換いらず
(3) 紙パックは排気がにおう?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

春雨スープやグラノーラも!? 実はダイエット向きじゃない食品6選
[15:34 7/27] ヘルスケア
『ガヴリールドロップアウト』のTVアニメ化が決定! メインスタッフを公開
[15:32 7/27] ホビー
Windowsのプロダクトキーをコマンドで知る方法
[15:30 7/27] 企業IT
TVアニメ『初恋モンスター』よりラバストなどユニークなグッズが登場
[15:15 7/27] ホビー
ガイアの夜明けの「患者を救う"極めた技術"」特集に称賛の声が続々
[15:08 7/27] ヘルスケア