【レポート】

CEATEC JAPAN 2015の展示にみる、4K/8Kテレビの現在とこれから

1 映像のHDR化に伴うテレビ側の最新技術に注目

 
  • <<
  • <

1/3

エレクトロニクス関連の総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」が10月7日より千葉の幕張メッセで開催されている。この記事では、テレビ関連の見どころについてまとめていく。

三菱電機ブースにはRGBレーザーバックライトテレビが

三菱電機ブース

三菱電機ブースでは、BT.2020規格の色域デモを行っている。下の写真の左側は、従来の4K液晶テレビにBT.709規格の映像(現在のハイビジョン放送)を表示したもの。右側はRGBレーザーバックライトを採用した4K液晶テレビにBT.2020規格の映像を表示したものだ。

BT.2020規格の色域デモを正面から

BT.2020規格の色域デモと解説

RGBレーザーバックライトの解説

NHKとJEITA、8Kハイブリッドキャストなどの技術展示

NHK JEITAブース

NHK JEITAブースでは、現在行われている4K放送やVODサービスと、2018年の開始を目指している4K BS放送に関する技術の展示が中心だ。「Channnel 4K」の受信デモのほか、東芝の未発表65V型4Kテレビも参考出展されている。

Ultra HD Blu-rayに採用されている「HDR」の効果についてのデモも行われている。デモの内容は、同一のテレビでSDR(現在の画質)の映像とHDRの映像を切り替えて表示するというものだ。

左がSDRの映像で、右がHDRの映像

また、今後の4K/8K放送技術の中で大きくスペースを割いて展示されているのがハイブリッドキャストだ。データ放送では番組とデータの両方を電波に載せて送信しているのに対して、ハイブリッドキャストでは、番組は電波で、データはインターネット経由で送られる。2K放送でのハイブリッドキャストは2013年9月にスタートしているが、今回展示されているのは、4K/8K放送でのハイブリッドキャスト。高精細な大画面により、これまで以上のインタラクティブなサービスが提供される予定だ。

東芝の未発表4Kテレビ

「Channnel 4K」のデモ

現在発売されている4Kデコーダー

8Kハイブリッドキャスト

関西テレビのハイブリッドキャストデモ。競馬放送とそのレースに関するデータを1画面に表示している

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 映像のHDR化に伴うテレビ側の最新技術に注目
(2) シャープは4Kテレビにココロエンジンを搭載
(3) HDR対応高輝度テレビが目玉のパナソニック
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

巨人Intelに挑め! – サーバー市場に殴りこみをかけたK8 第13回 デュアルコアで花開いたK8アーキテクチャ
[11:00 9/26] テクノロジー
ネットワン、三菱重工エンジン会社のIoT活用ネットワーク基盤を構築
[10:55 9/26] 企業IT
ボーイング777X、ロックウェル・コリンズ製で飛行操作をタッチスクリーン化
[10:53 9/26] 趣味
JCOMと小田急、町田市など、「情報発信連携協力に関する協定」を締結
[10:52 9/26] 企業IT
薄毛になりやすい女性の髪型は? - 専門医に聞く薄毛の種類と原因
[10:43 9/26] ヘルスケア