【レポート】

ケイ・オプティコム、au/ドコモの両プラン対応のスマホ「arrows M02」発表 - au VoLTE対応SIMも登場

1 総契約数は12万件

  • <<
  • <

1/4

ケイ・オプティコムは6日、同社提供のMVNO「mineo」からau/ドコモどちらのLTE、VoLTEにも対応したマルチキャリア対応端末「arrows M02」(富士通製)、および「au VoLTE対応SIM」、そしてルーターの新製品を発表した。いずれも11月19日より提供される。本稿では、都内で開催された記者説明会の模様をお伝えする。

ケイ・オプティコムは、mineoユーザーに向けてau/ドコモどちらのLTE、VoLTEにも対応するマルチキャリア対応端末「arrows M02」を提供。au VoLTE対応SIMも発売する

大きかったiPhone効果

記者説明会には、ケイ・オプティコムのモバイル事業戦略グループマネージャーである津田和佳氏が登壇して詳細を説明した。mineoでは料金プランとして、auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)を9月1日にサービスインしている。10月4日現在、両プランを合計した総契約数は12万件に上ったという。津田氏は「ドコモプランは、1カ月間に約2万件の契約申し込みがあった。auプランも好調で、iPhoneが利用可能になった効果も大きい」と解説した。

登壇するケイ・オプティコムの津田和佳氏(写真左)。auプランとドコモプランの総契約数が12万件に上った(写真右)

同社では、月額基本使用料(1GBコース)が最大2年半無料になる「mineo史上最大のキャンペーン」や、通信容量を分け合える「パケットギフト」、複数の回線を契約すると割り引きされる「複数回線割」などを提供。この結果、複数契約するユーザーが増加しているという。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 総契約数は12万件
(2) 安かろう悪かろうの印象を払拭
(3) au 2015年夏モデル以降の機種でau VoLTE利用可能
(4) KDDIがMVNO向けSIMを提供

人気記事

一覧

新着記事