【レポート】

ファーウェイ、Android Wear搭載スマートウォッチ「Huawei Watch」発表 - iOS、Androidで利用可能

1 Huawei Watchでできること

近藤謙太郎  [2015/10/01]
  • <<
  • <

1/3

ファーウェイ・ジャパンは1日、スマートウォッチ「Huawei Watch」を発表した。Android Wearを搭載した製品で、10月16日より順次発売する。市場想定売価は税別(以下同)45,800円から。本稿では、都内で開催された製品説明会の模様をお伝えする。

ファーウェイはAndroid Wearを搭載したスマートウォッチ「Huawei Watch」を発表。16日より順次発売する

Huawei Watchでは何ができるの?

Huawei Watchは、ファーウェイ初となるスマートウォッチ。スマートフォンと連携することで電話、SMS、インスタントメッセージ、Eメールの着信通知を受信できる。Googleの提供する音声検索、Googleマップにも対応。スマホのカメラをリモートで操作できるほか、心拍数の測定も可能だ。また、アプリストアにアップされているサードパーティ製アプリをインストールすることで機能の拡張を行える。対応OSはAndroid 4.3以降、およびiOS 8.2以降。

会場には、実機が展示されていた(写真左)。文字盤のデザインは40種類以上を用意する(写真中)。Googleの提供する音声検索に対応

1.4インチのタッチスクリーンに対応した有機EL円形ディスプレイ(400×400ピクセル、286ppi)を搭載。ハイコントラスト比は10,000:1で、同社では「現在販売されているGoogle Android Wearのスマートウォッチの中では最も鮮明」とアピールする。300mAhのバッテリーを搭載しており、約75分の充電で1.5日間使用できるという。

スマホのカメラをリモート操作(写真左)、心拍数を計測(写真中)、地図のナビを利用(写真右)。携帯電話の検索、ニュースや天気予報のチェック、音楽プレイヤーの操作なども行える

2時の方向に竜頭を配置。ベルトは4種類を用意している。男性の腕時計で一般的な直径42mmを採用しているため、市販のベルトに付け替えることも容易だという。

2時の方向に竜頭を配置(写真左)。背面には心拍計を備える(写真中)。音声認識で利用するマイクは、背面から確認できない。ベルトは4種類を用意(写真右)

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) Huawei Watchでできること
(2) 時計らしい時計を目指す
(3) 価格はモデルごとに異なる
関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 910gの薄型12.5型モバイルPC、写真で見る「ZenBook 3」
[03:08 5/31] パソコン
[アイマス]新作「プラチナスターズ」とローソンがコラボ グッズやイベント招待も
[00:00 5/31] ホビー
スネに傷持つゴルファーが秘境で運命の出会いを果たす、「オーイ!とんぼ」
[23:47 5/30] ホビー
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
「さんてつ」の吉本浩二、聴覚障害を題材にしたドキュメントマンガ1巻
[23:10 5/30] ホビー

特別企画 PR