【レポート】

福岡空港そばの「天ぷらひらお」が芸能人も並んで食べる超人気店になった訳

 

とにかく毎日長打の列! 一番多い時は行列が店内からあふれ出て、駐車場の真ん中まできたとか。福岡市民にとって天ぷらは日本料理店で食べるものではなく、「天ぷらひらお」で食べるのが常識。おいしい店や食材の宝庫・福岡で、並ぶのが好きではない福岡市民を引き付ける秘密は、"瞬間プレイ"と"太っ腹"にあった。

福岡空港から車で約5分の「天ぷらひらお 本店」。福岡出身の芸人やミュージシャン、政治家なども多く訪れるとか

絶妙なタイミングで揚げたてをサーブ

福岡空港から車で約5分の場所にある「天ぷらひらお 本店」。カウンター54席は常に満員御礼。それを取り巻くように待合イスがあり、もちろんそこもぎゅうぎゅう詰めだ。福岡出身の芸人さんやミュージシャン、政治家なども多く訪れるという。そんなみんなのお目当ては揚げたての天ぷらである。

一番人気の「お好み定食」(830円)。エビ、イカ、豚、白身(鯛)、野菜3品にご飯、味噌汁が付く。豚の天ぷらは手のひらサイズほどのボリューム!

一番人気の「お好み定食」(830円)をオーダーすると、まず大盛りのご飯、味噌汁、天ぷらバッド(お皿)が来る。そして、「イカで~す」「豚で~す」「白身で~す」といった具合に、次々とピチピチ揚げたての天ぷらがバッドに乗せられていくのだ。「アチ! アチ! アチ! 」と言いながら食べていると「ナスで~す」「エビで~す」と、これでもかと揚げたてがやってくる。

誰が何を注文をして、何のネタを食べて、今どれくらい食べたのか、分かっているのだろうか……。来店の度に感じていた疑問を店長代理の龍慎一郎さんに聞いてみた。

「お客さまの注文は、オーダーが入った時点でスグに覚えます。そして、食べる速さを見ながら、一品ずつサッと揚げてを提供します。どのお客さまが今、何を食べているのか、みんな分かっています」と、まるで天ぷら仙人のような言葉。開店から閉店までフル稼働中のフライヤーの奥から、何もかもお見通しなのだ。

次々と揚げたてを提供。「最初はテンパっていて何が何か分からなかったです。一人前になるまで3年はかかります」と店長代理・龍慎一郎さん(写真)

サックリ揚がった天ぷらは、スタッフが客へ瞬時に次々と届けていく。時には30m以上もあるカウンター席前を端から端まで走り回りながら天ぷらを届けることも。こうしたスタッフによる"瞬間プレイ"があるから、いただきますからごちそうさままで、常に火傷しそうなほどアッツアツの天ぷらを満喫できるのだ。

特製イカの塩辛や手作り惣菜が食べ放題!

「天ぷらひらお」の卓上には特製イカの塩辛をはじめ、大根の煮付け、もやしのナルム、福岡特産の高菜の油炒めといった手作り惣菜があり、全て食べ放題。太っ腹なのだ! 特に、特製イカの塩辛は「天ぷらひらお」の看板メニューで、ユズがさわやかに香る味にファンも多く、ひとりで600gぐらい食べる人もいるんだとか。

名物の特製「イカの塩辛」はお土産にもぴったり(215g/620円)。防腐剤使用なしで、食べるとイカの鮮度が分かるおいしさ

天ぷらや惣菜と、とにかくご飯が進むネタがいっぱい。しかしご安心を! 同店のご飯は普通サイズ(中)でも丼ぶり1杯はあるボリュームで、さらに大盛りは+50円。そして、天ぷらは単品(80円~210円)からでも追加注文ができる。

時には、「お好み定食」(830円)とエビ4匹と野菜3品がついた「えび定食」(890円)をWで食べるファンもいるほど。目の前で次々と揚がる天ぷらに手作りの惣菜たちと、とにかく食欲が止まらなくなるのだ。

福岡ブランドなど厳選素材を使用

「天ぷらひらお」のおいしさの秘密は、ネタのこだわりにもある。鶏モモやササミは福岡のブランド鶏・華味鳥を、白身魚は玄界灘やその近海でとれた鯛を、青魚には宮崎の高級深海魚・メヒカリを使用。ご飯は島根産のこしひかり、お味噌汁は福岡県柳川市の特産品の柳川味噌というラインナップだ。こだわりいっぱいでも、定食は各天ぷらにご飯(中)とお味噌汁がついて670円~890円とお財布にも優しい。

油は継ぎ足しながら使用しているため、ネタの旨みや香りが油に移り、独特の旨みを作り出している。最後までさっぱり食べられるのも油の質がいいからだとか

ちなみに、秋から冬にかけておいしくなるのがサバだとか。「福岡はサバがおいしいところ。うちでは近海で獲れた脂がのったもサバしか使っていません。ぜひサバを天ぷらで食べてみてください」と龍さん。そのほか、季節限定のネタとして、安納芋やレンコンもオススメだ。大根おろしをたっぷり入れた天つゆにたっぷりつけて食べるのも良し、卓上にある抹茶塩、カレー塩、胡麻塩で食べるのも良し。

「天ぷらひらお」は福岡空港そばの本店のほか、天神にもある。福岡へ出張や観光の際は、行列覚悟で行ってみてはいかが? もしかしたら隣に有名人が座っている、なんてこともあるかもしれない。

※記事中の情報・価格は2015年8月取材のもの。価格は税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事