【レビュー】

もはや異次元のユーザー体験! iPhone 6sとiPhone 6s Plusにスマートフォンの未来を見た!!

1 iPhone 6sとiPhone 6s Plusの変わったところ=すべて

 
  • <<
  • <

1/5

9月25日に、いよいよiPhone 6sとiPhone 6s Plusが発売となる。今回のアップデートは、製品発表会でのTim Cook氏の発言、「唯一変わったのは、そのすべて。」の通り、細部にわたっての刷新となった。一見、一世代前のモデルであるiPhone 6とiPhone 6 Plusと変わりがないように見えるが、どこがどうなったのか、本稿ではそれらをチェックしながらiPhone 6sとiPhone 6s Plusの魅力を探っていく。

iPhone 6sとiPhone 6s Plus

冒頭述べた通り、外観はiPhone 6/6 Plusと同じように見える。だが、本体には航空宇宙産業で使われているものと同じグレードである7000シリーズアルミニウムが採用され、より頑丈なつくりとなった。また、カバーガラスもより強度の高い素材を採用している。さらにカラーラインナップはスペースグレイ、シルバー、ゴールドに、ローズゴールドが加わり、4色展開となっている。

ディスプレイサイズについてはiPhone 6sは4.7インチ、iPhone 6s Plusは5.5インチ。ともにRetina HD ディスプレイを搭載し、解像度はiPhone 6sは1,334×750ピクセル/326ppi、iPhone 6 Plusは1,920×1,080ピクセル/401ppiとなっている。その美しさは、実際に手に取ってみて確かめていただきたい。さらに両モデルとも、後述する3D Touchという感圧タッチ技術を使った機能を搭載している。

iPhone 6sは4.7インチ、iPhone 6s Plusは5.5インチ

プロセッサは新開発のA9チップ。64ビットアーキテクチャを採用し、iPhone 6/6 Plusと比較して、CPU全体のパフォーマンスは最大70%、グラフィックスのパフォーマンスは最大90パーセント高速化している。描画エンジン「Metal」の効果とも相俟って、ゲームなどでは非常に美麗なグラフィックスを楽しめる。A9にはM9モーションコプロセッサが組み込まれており、これがパフォーマンスとバッテリー駆動時間の向上に一役買っている。M9は加速度センサー、コンパス、ジャイロスコープ、気圧計と連携し、さまざまなフィットネスデータを記録できる。歩数、移動距離、高度の変化に加え、ランニングやウォーキングのペースも測定できるようになったところもポイントだ。この辺はApple Watchとのコンビネーションを意識してのことだろう。

反応速度が従来の倍となったTouch ID

Touch IDは反応速度が従来の倍となった。地味な強化点だが、急いでiPhoneの各種機能にアクセスできるようになる。通信面では、4G LTE-Advancedに対応し、受信時最大300Mbpsでの利用が可能となった。Wi-FiはMIMO対応となり、高速化、安定化が図られている。

各種ボタン、コネクタ類はiPhone 6/6 Plusとほぼ同じ

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) iPhone 6sとiPhone 6s Plusの変わったところ=すべて
(2) カメラは12メガピクセルになり4K動画の撮影も可能
(3) 超絶便利な感圧タッチ機能"3D Touch"
(4) これは写真? 動画? 不思議なユーザー体験となるであろう"Live Photos"
(5) iPhone 6sとiPhone 6s Plusが提示するスマートフォンの未来

人気記事

一覧

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー