【レポート】

『逆転裁判6』死の直前の記憶!?新要素「霊媒システム」をTGS2015で体験

 

2016年に発売が決定したニンテンドー3DS用ゲーム『逆転裁判6』が、千葉県・幕張メッセにて9月17日~20日の会期で開催中の「東京ゲームショウ2015」のカプコンブースにプレイアブル出展されている。

2016年にまたナルホド君に会える!

シリーズを重ねるごとに驚きの新要素が登場する本作だが、本稿では試遊レポートをお届けする。今年もカプコンブースは、巨大スクリーンでのステージイベントや、巨大モンスターやアイルーたちが出迎えてくれる『モンスターハンタークロス』コーナーなど実に華やか。『逆転裁判6』コーナーでは、本作の舞台となっている"異国の法廷"をイメージしたムード満点な環境で試遊することができた。また、案内してくれるコンパニオンは、本作に登場するクラインの姫巫女レイファをイメージした衣装で出迎えてくれる。

大勢のファンが詰めかけた『逆転裁判6』コーナー

異国漂う法廷で試遊を満喫

今回の試遊では、"弁護士不在"であるという神秘と信仰の国「クライン王国」の法廷を舞台に、「霊媒裁判」を少し体験することができた。主人公はもちろん、ナルホド君こと、成歩堂龍一だ。

異国の地で成歩堂龍一の新たな逆転劇を巻き起こせ!

ゲームを開始すると、ガイドを務めてくれた男の子、ボクト・ツアーニが容疑にかけられており、今回は彼の容疑を晴らすことが第一目的のようだ。操作はこれまでのシリーズを踏襲。タッチペンまたはボタンによる操作が可能で、すぐにゲームに集中できた。また、異国での法廷となるが、本シリーズの第一話に登場する名物検事や、どこかで見かけたような裁判長の姿もあり、とても安心する。

成歩堂が弁護をすることになるボクト・ツアーニ

手に錫杖を持ったクラインの姫巫女レイファ

尋問に関しては従来どおりのシステムで、証人を「ゆさぶる」、証拠品を「つきつける」といったコマンドを駆使してムジュンを見つけていく。ゲームを進めていくと、傍聴人やボクトは弁護士のことを非常に毛嫌いしていることがわかる。これは、今後のストーリーの展開が非常に気になるところ。

そして、ついに「霊媒システム」が登場。クラインの姫巫女レイファの秘術「霊媒ビジョン」によって、被害者の死の直前の記憶が映し出された。この霊媒ビジョンはムービーのように再生され、同時に被害者がその場で感じた五感を文字として表示される。ビジョンに映し出された感覚や発言、証拠品を見ながらムジュンをつき、逆転勝利に導いていくことになる。最初はビジョンに戸惑ったが、一時停止や早送りも可能なので、ジックリとムジュンを暴き出すことができた。……と、霊媒システムを体験したところで、ゲームは終了。

「霊媒ビジョン」上画面。ビジョンには映像と文字が浮かび上がる

下画面には誰かの発言に加え、おなじみの「つきつける」「法廷記録」コマンドが

短い時間であったが、『逆転裁判6』の一端を垣間見ることができた。今作ではキャラクターの動きも素晴らしい。背景も細かくアニメーション化し、シリーズ最高峰の出来といっていい。また、17日の『逆転裁判6』ステージイベントにおいて初公開された姫巫女レイファの踊りにも注目が集まる。集中力と霊力を高めるという彼女の踊りは非常に神秘的で、製作にはモーションキャプチャー技術を用い、実際にダンサーに長時間の踊りを踊ってもらったという。『逆転裁判6』は2016年の発売が予定されている。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[三浦友和]「コールドケース」日本版で吉田羊の“ボス”に 同僚役に永山絢斗、滝藤賢一、光石研
[05:00 7/25] エンタメ
羽鳥慎一が後輩・桝アナにクリーム砲で撃たれる!? 馬場典子もドッキリ餌食に
[04:00 7/25] エンタメ
[マジプリ阿部周平]東海発のアイドルがプロボクサー目指し「畑中ジム」入会 芸能活動と並行
[02:00 7/25] エンタメ
[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー

本音ランキング