【レポート】

TwitterのDMの文字数上限が1万字になったので全部表記してみたらとんでもないことになった

1 TwitterのDM、10000字のインパクト

 
  • <<
  • <

1/2

Twitterのダイレクトメッセージ機能で送れる文字数が7月から増えたことをご存知だろうか。これまではツイートと同じく140字だったのだが、変更後は何と最大10000字まで送ることができるようになったのだ。1000字ではない。10000字である。一桁間違えているんじゃないかとニュースを思わず見返したが、どの記事も10000になっていたので、どうやら間違いなさそうである。

それにしても、10000字とはまたすごいボリュームだ。日常的に10000字もの文章を目にする機会はそうないのではないだろうか。筆者はマイナビニュースで記事を書いているが、一つの記事に10000字もかけたことはまずない。それくらいの量なのである。Twitterはいったい何を考えて10000字にしたのだろう……。

具体的に10000字のダイレクトメッセージがどんな感じなのか、実際に文面を作って知人に送りつけてみた。

それでは、何はともあれ、まずはご覧いただこう。

これが10000字のダイレクトメッセージである。

ダイレクトメッセージ10000文字! 原寸大を見るならクリック

縮小された画像を見ただけでは、白い模様の入った謎の棒にしか見えないかもしれないが、ぜひクリックorタップして本来の大きさでご覧いただきたい。文字が読める大きさまで拡大していただければ、これがTwitterのダイレクトメッセージの吹き出しだということがわかるだろう。

気になるテキストの内容は、過去にマイナビニュース携帯チャンネルで筆者が執筆した記事4本の詰め合わせである。4本目は惜しくも最後の方で10000字に到達してしまったため、尻切れトンボな感じになっているが、ほとんど入っているので4本分といって差し支えない。そう、Twitterのダイレクトメッセージの10000字というボリュームは、わりと気合を入れて書いたボリューミィなマイナビニュースの記事4本分に相当するのだ。

正直、10000字がここまで長いとは思わなかった。一応読みやすくなるよう気をつかって改行などを入れてみたが、はっきりいってこれがいきなり送りつけられてきたら、まず読んでみようとは思わない。ダイレクトメッセージの上限が140文字だった頃は、長いメッセージを送りたい場合、何度かに分けて送信することはあったが、それでもせいぜい2~3通といったところだった。10000字はヤバイ。相当にヤバイ。

ちなみに、PCモニタに1万字は到底入りきらず、縮小しても無理だったため、今回は画面を20回に分けてスクリーンショットを撮り、画像編集ソフトでペタペタ貼り付けて位置を微調整するという作業を行っている。作業をしながら「自分はこの祭りばやしすら聞こえる夏の夜に一人で何をしているのか」と言いようのない徒労感に襲われたが、この記事が皆さんにとって何か有益な情報になれば幸いである。

……と、ここで終わってもいいのだが、せっかくなので、このTwitter10000字を使って何か新しい試みはできないか考えてみよう。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) TwitterのDM、10000字のインパクト
(2) 10000字でできること
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、より薄く狭くなった4K HDR対応の43V型/49V型「BRAVIA X8300D」
[13:57 8/30] スマホとデジタル家電
男性が育休取得しない理由、「仕事を代わってくれる同僚がいない」が1位
[13:55 8/30] シゴト
AED、中小企業の5割が「未設置」 - その理由は?
[13:54 8/30] シゴト
坂上忍、高畑容疑者報道「今年一しんどい」と吐露 - 出演者と3度口論に
[13:52 8/30] エンタメ
最近パクチー足りてる? パクチーづくしのタイ風居酒屋に行ってきた
[13:52 8/30] 趣味