【レビュー】

Office搭載で29,800円、その実力は本物? 8.9型タブレット「WN891」でExcelとWordを使ってみる

1 動作は意外とサクサク

 
  • <<
  • <

1/4

マウスコンピューターの「WN891」は、Office Home and Business 2013とキーボード付カバーが付属して、税込&送料込で29,800円の8.9型タブレットだ。お手軽価格で手に入るのは良いが、値段が安いぶん、スペックは控えめ。CPUはAtom Z3735F(1.33GHz)でメモリ容量は2GB、ストレージは32GBのeMMCと、一般的な格安8型タブレットと同等だ。

となると気になるのは、このWN891が実際どれだけ"使える"性能を持っているか。第1回目ではWindows 10へのアップグレードと使用感、第2回目ではデザインとモビリティを確認した。今回はベンチマーク結果やOfficeの動作検証を交えながら紹介しよう。

マウスコンピューターの8.9型タブレット「WN891」

■主な仕様   [製品名] WN891   [CPU] Intel Atom Z3735F(1.33GHz)   [メモリ] 2GB   [ストレージ] 32GB eMMC   [光学ドライブ] ―   [グラフィックス] Intel HD Graphics(CPU内蔵)   [ディスプレイ] 8.9型ワイド(1,280×800ドット)   [OS] Windows 8.1 with Bing 32bit   [直販価格(税込)] 29,800円  

控えめなスペックながら、動作は意外とサクサク

前述のとおり、WN891のスペックは8型の格安タブレット相当だ。CPU(SoC)として採用しているAtom Z3735F(1.33GHz)はすでに旧世代のプロセッサ。一般的なホームノートPCやCore i搭載のモバイルPCと比べると、パワーはやや劣る。2GBのメモリや32GBのストレージ(eMMC)についても、PCとしては心もとない印象を受ける。値段相当というか、Officeとキーボード付きで3万円を切る価格であることを考えると、妥当なパーツ構成と言えるだろう。

だが実際にWindows 8.1での操作や、音楽プレイヤー、画像編集ソフトなど、さまざまなソフトを使ってみると、意外と普通に利用することができた。確かにソフトの起動時に一瞬の「間」が生じることもあるが、遅いと感じるほどではない。このあたりは個人によって捉え方が異なると思うが、筆者としては許容範囲内である。

WN891のシステム情報。OSはWindows 8.1 with Bing 32ビット版で、CPUはAtom Z3735F(1.33GHz)、メモリ容量は2GBの構成だ

「CPU-Z」によるAtom Z3735Fの詳細情報(写真左)と、「GPU-Z」によるIntel HD Graphics(CPU内蔵のグラフィックス機能)の詳細情報(写真右)

試用機のCドライブには、19.7GBの空き容量が残されていた

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 動作は意外とサクサク
(2) ストレージ性能は健闘、グラフィックスは弱め
(3) Excelはタッチモードが便利
(4) WordとExcelの同時利用を試す
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン
[聲の形]新規カット公開 入野自由、早見沙織がアフレコ苦労明かす
[16:23 7/27] ホビー
夏、過ごしやすい都道府県1位は「北海道」 ‐ 過ごしにくいのは?
[16:20 7/27] ヘルスケア