【レポート】

ティアック、アナログレコードをハイレゾ変換できるターンテーブル - IFA2015で参考出品

阿部求己  [2015/09/06]

ティアックは、ドイツ・ベルリンで9月4日より開催中のIFA2015にて、ハイレゾ変換・出力機能を搭載したターンテーブル「TN-500」(仮称)などの未発表製品を参考出品した。

参考出品された「TN-500」(仮称)

現在開発中のTN-500は、きょう体の素材に人工大理石と高密度MDFを使用。分厚いアクリルのターンテーブルと相まって高級感のあふれるデザインとなっている……。とここまでなら、従来からあるターンテーブルをモダンなデザインに落とし込んだ製品にしか見えないのだが、背面に回ってびっくり仰天。USB端子とその隣に「192k 96k 48k」と書かれたスライドスイッチが目に飛びこんでくる。

そう、TN-500は、これ単機でアナログレコードをハイレゾ音源にデジタル変換して、USB経由でパソコンに出力できる機能を持っているのだ。内蔵するADコンバーターをはじめとするスペックの詳細、発売時期、価格などは現時点では未確定。正式発表が待たれる。

TN-500の背面。サンプリング周波数を記したスライドスイッチやUSB端子が見える

人口大理石と高密度MDF素材を使用。型番のTN-500は仮の名称だ

ベルトドライブ方式を採用している

カートリッジ部分をアップで

また、同じショーケース内には、ハイレゾ対応マイクロコンポ「HR-S101」にCDレシーバー機能を加えた「CR-H101」(仮称)、ハイレゾ対応のネットワークプレーヤー「NT-503」(仮称)も展示されていた。

3機種の参考出品を収めたショーケース

「NT-503」(仮称)

「CR-H101」(仮称)

CR-H101の背面

Gibsonグループとして大型ブースを出展。ちなみに隣はパイオニアのブースだ(この写真の向きからは後ろ)

ハイレゾ対応アンプ「AI-301DA-SP」とデザインマッチさせたCDレシーバー「PD-301」も参考出品

AI-301DA-SPとPD-301を中心としたシステム全体図

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【インタビュー】『僕のヤバイ妻』豊福陽子プロデューサーに聞く"ヤバイ"裏話【後編】- 昨今の人間関係に問題提起「トコトンぶつかり合う夫婦を描きたかった」
[07:00 5/31] エンタメ
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第638回 戦場を戦い抜いた兵士なので
[07:00 5/31] 趣味
三上博史、深夜ドラマ初挑戦!遺産相続専門の弁護士役に決定
[06:00 5/31] エンタメ
若手女優・蒔田彩珠、黒木華主演『重版出来!』出演で「やっぱりすごかった」の声
[06:00 5/31] エンタメ
『テラスハウス』トレンディドラマ展開!? ケンカから急接近で新たな恋の予感
[06:00 5/31] エンタメ

特別企画 PR