【レポート】

iOS 9のマルチタスク機能、iPhoneは恩恵を受けるのか - 松村太郎のApple先読み・深読み

1 iOS 9のマルチタスク機能とは

  • <<
  • <

1/3

これまでiPhoneもiPadも、基本的には1つの画面には1つのアプリしか表示されない仕組みになっており、タスク切り替えの機能が搭載されるまでは、一度ホームボタンでホーム画面に戻り、別のアプリを立ち上げる必要があった。この点は、Androidに対して劣っている点として批判の的になってきた。

iOS 4からは、ホームボタン2度押しして、タスクを切り替えることができるようになり、切り替える直前の作業から再開する機能が搭載されるようになった。以降、ホーム画面やアプリ起動中にホームボタンを2度押ししてタスクを切り替える、という使い方が踏襲されている。

iOS 9で採用されたマルチタスク機能

AppleはiOS 9で、タスク切り替えの画面デザインを立体的なものに変更し、「マルチタスク機能」を追加した。しかしより大きな変化を体験できるのは、iOS 9を導入したiPadユーザーのみだ。

iOS 9でiPadシリーズがサポートするマルチタスク機能。iOS 9に対応するiPad 2以降のモデルでは、画面端からスライドさせた領域で、起動中とは別のアプリを操作できる

iPadでiOS 9を導入した上で、画面の右端からトレーを引き出すと、対応している別のアプリを重ねて表示し、操作することができるようになる。

サイズを類推するに、9.7インチのiPadを縦に構えた場合、ちょうど画面の端からiPhone 6ほどの幅の画面を引き出して、別のアプリを操作できる、という雰囲気になるのではないだろうか。この機能により、例えば、地図を見ながらノートを呼び出してメモを取ったり、メッセージをやりとりしながらカレンダーを呼び出して予定を追加する、といった使い方が可能だ。

これまでのようにアプリを切り替えないため、表示されている内容を見ながらメッセージやカレンダーが編集できるようになるため、相当使い勝手が良くなることが考えられる。

加えて、現在はiPad Air 2のみの対応となるが、画面分割に対応し、1画面に2つのアプリを同時に起動し操作できる。

iPad Air 2では、前述のスライド型に加えて、画面を分割するマルチタスクに対応する。スライド型と違い、分割して表示しているいずれのアプリも同時に操作できる

どちらの画面も同時に操作できるため、2つのアプリの組み合わせで1つの作業を構成する、といったこれまでのiPadでは実現できなかった使い方を体験できるようになるだろう。

ちなみに、iPadは、動画再生のピクチャーinピクチャー表示にも対応する。対応する動画アプリやSafariで再生している動画は、そのアプリを閉じても、画面で再生を続けることができる。

iOS 9が動作するiPadでは、動画再生の小画面表示に対応する。アプリやSafariの動画を画面上に残し、他のアプリを操作できる

スポーツのライブ中継を見ながら友達とチャットしたり、ウェブで他の情報を調べる、といったマルチタスクも便利そうだ。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) iOS 9のマルチタスク機能とは
(2) iPhoneユーザーのメリットは
(3) iPhone 6 Plusの特別扱いを!
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事