【レポート】

より多くの場所で、より簡単につながるネットワークを実現したい - リニアテクノロジー、「第2回ダスト・コンソーシアム」を開催

 

リニアテクノロジーは7月21日、都内にて「第2回ダスト・コンソーシアム」を開催し、同社が展開するダスト・ネットワークスの無線通信技術の最新情報を公開した。

リニアテクノロジーのダスト・エバンジェリストで、ダスト・コンソーシアム事務局長も務める小林純一氏

同社ダスト・エバンジェリストで、ダスト・コンソーシアム事務局長も務める小林純一氏は、普及しつつあるIoTに触れ、「ダストのスターターキットの日本での販売推移を見ると、2013年7月の販売開始から毎月増加傾向を示しており、今後、その勢いは加速度的に増していく」との見方をしめした。また、コンソーシアムへの参加企業・団体数もハードウェアやシステム・インテグレータを中心に増加しており、今後も参加数が増加することが見込まれることを強調した。

さらに同氏は、ダスト・ネットワークスの技術の強みは大きく3つあると説明。1つ目はシンプルであるという点。2つ目はレジリエント(強靭さ)。そして3つ目がWi-Fiなどの従来の無線技術で培われてきた暗号技術を利用可能である点で、ここまでのHype Curveを示すと、EMERSONでの採用などを介し、2011年にLinear Technologyによる買収を底に、今後、IoTやM2Mの現実化の要求に対し、そうした技術が活用されることとなり、それをけん引するのがダスト・コンソーシアムだとした。

ダスト・ネットワークスのスターターキットの販売台数推移(左)と、ダスト・コンソーシアムへの参加企業・団体数の変化(右)

ダスト・コンソーシアム事務局の水谷章成氏

また、同じくダスト・コンソーシアム事務局の水谷章成氏は、より多くの場所で、より簡単にダスト・ネットワークスを活用してもらうことを目的とした次世代製品のロードマップを提示し、高温度Hグレード品(-55℃~+105℃)の「LTC5800HWR-xxx」を2015年11月頃を目安に量産出荷を開始する計画だとしたほか、SmartMesh IPネットワークでのワイヤレス・ノード(モート)として機能する「LTC5800」および、パワーアンプ、ローノイズアンプ、DC/DCコンバータ、RFフィルターなどを搭載し、ノード間の通信距離を延長できるマイクロモジュール「LTM5850」の開発も進んでおり、2015年末頃の発売を計画していることを明らかにした。さらに、ソフトウェアとして、「WirelessHART 7.4」に対応したファームウェア「SmartMesh WirelessHART Motes」のアップデートもHART Communications Foundation(HCF)の承認の後(2015年第3四半期末頃を予定)、実施される予定だとしたほか、長期的には、SmartMesh IPのネットワークをより高次な自由度とスケーラビリティを提供することを目指しており、接続数も現状の最大100個を無限大にする計画で、2016年には数百から数千レベルに拡張予定とし、ネットワークスピードの増加と、レイテンシの低減も併せて実現していきたいとした。

ハードウェアのみならず、ソフトウェア側も進化させることで、幅広い用途への適用を目指していくとする

なお同氏は最後にプロトコルの進化として、ネットワークメンバー外からのデータの送信を実現する「SmartMesh IPブリンク通信」の開発も進めており、近いうちに実用化できる可能性があるともしており、ダストネットワークスの活用範囲がより広がっていくことを強調していた。

SmartMesh IPブリンク通信が実現できると、例えばトンネルの非常事態に、緊急車両の到着と連動した非常扉や非常灯点灯の制御や、トンネルや橋といった交通インフラにおけるメンテナンスの保全車による監視手法の切り替えによる、一定ポイントへの重点監視といったことが行えるようになるという

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[今週の真田丸]第30回「黄昏」 秀吉の常軌を逸した行動に… NHK総合は45分繰り上げ放送
[07:00 7/31] エンタメ
ミュージカル界の王子・井上芳雄が明かす結婚観&葛藤とは
[06:30 7/31] エンタメ
映画「PとJK」大神平助役の高杉真宙は金髪に!劇中写真公開、三次マキも絶賛
[06:00 7/31] ホビー
芸能人が撮影した「心霊写真」に秘められた“警告”とは
[06:00 7/31] エンタメ
桐谷健太、浦ちゃんの誕生秘話を告白『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/31] エンタメ