【レポート】

初期楽曲が彩ったアイマス10周年ライブでPS4での"新たなステージ"を初披露! 「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015」初日公演

『アイドルマスター』10周年ライブイベント「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015」の初日が2015年7月18日、西武プリンスドームにて行われた。

初日のコンセプトは、765プロメンバー中心の「Day1:MAIN WORLD 765PRO」。765プロからは中村繪里子(天海春香役)、今井麻美(如月千早役)、釘宮理恵(水瀬伊織役)、平田宏美(菊地 真役)、下田麻美(双海亜美・真美役)、浅倉杏美(萩原雪歩役)、原 由実(四条貴音役)、沼倉愛美(我那覇 響役)、たかはし智秋(三浦あずさ役)、滝田樹里(音無小鳥役)が登場し、10年前の初代アーケード時代から、このライブに向けて制作された最新曲「アイ MUST GO」までの765プロ楽曲を披露した。また、『シンデレラガールズ』から大橋彩香(島村卯月役)、福原綾香(渋谷凛役)、原紗友里(本田未央役)、青木瑠璃子(多田李衣菜役)、大空直美(緒方智絵里役)、松嵜麗(諸星きらり役)、『ミリオンライブ!』から山崎はるか(春日未来役)、田所あずさ(最上静香役)、Machico(伊吹 翼役)、麻倉もも(箱崎星梨花役)、藤井ゆきよ(所恵美役)、渡部優衣(横山奈緒役)らがサポートメンバーとして登場。客席の中に入ってサポートボーカルを担当したり、バズーカでのサインボール発射を担当したりとステージに華を添えた。

ライブ初日では新規発表内容として、"765プロダクションの新たなステージ"であるプレイステーション4版『アイドルマスター(仮称)』の映像が初公開された。会場限定で公開された映像では、緑豊かな土地にある合宿所を天海春香が訪れる姿が3Dグラフィックで描画され、春香の自然で豊かな表情が強く印象に残った。合宿所からは美希、律子と思われる声も聞こえたが、画面に登場したのは春香のみ。『アイドルマスター』シリーズの坂上陽三総合プロデューサーによれば、PS4版には新開発の「ヴァリアブル・トゥーン」という技術が用いられているという。

さらに、アイマス10周年と『太鼓の達人』15周年を記念したコラボタイトルであるリズムゲーム『THE IDOLM@STER MUST SONGS 赤盤青盤』の今冬リリースが発表された。『THE IDOLM@STER MUST SONGS 赤盤青盤』のプラットフォームはPSP Vitaで、「THE IDOLM@STER」から本ライブのテーマソング「アイ MUST GO」まで、アイマス10年分の名曲を詰めこんだ作品になるとのことだった。

今回のライブはアイマスにとっては初代アーケード版の本編やPVで、アイドル・天海春香が「プロデューサーさん、ドームですよ、ドーム!」という印象的なフレーズを発して以来の夢の場所である「ドーム」を舞台にしたライブ。アイマスワールドの広がりを包括する2日目に対して、初日は765プロの10年間と、その先に続く道を詰めこんだようなコンセプトだ。会場は「球場」である西武プリンスドームを最大限に活かした構成で、野球のダイヤモンドの各塁にあたる場所に4つのステージを設置。ステージ間をギザギザの花道でつなぐことで星を描いた。星の内側と外側の全周にみっちり観客を入れており、会場には坂上Pの言葉によれば約38,000人のプロデューサーが集結。4つのステージの各所や、普段から選手が出入りするエリアを効果的に利用して様々な場所から演者が登場してパフォーマンスを繰り広げた。会場のどの場所からも、ある程度近くにアイドルたちを感じられる構成だ。

初日のセットリストは、四つのブロックから構成されるコンセプトのはっきりした内容。第一ブロックはアップテンポで前向きな曲で会場をどんどん盛り上げていき、第二ブロックはアーケード時代を中心とした懐かしい楽曲を歌い継いでいくメドレー構成。第三ブロックはダンサブルでクールな楽曲とパフォーマンスで圧倒した。そして第四ブロックは時にウェットに、時に壮大に歌声を響かせるバラード中心だ。歌われる楽曲にはおなじみの曲も多いが、会場全体を有効に使い、メインスクリーンと組み合わせたステージを全周囲から見つめるのは全く新しい体験だった。メインパートを歌っている誰かよりも、近くのステージで全力のダンスと笑顔を見せているメンバーに目が行ってしまうことがあったり、内野席や外野席の観客のあたりでは、突然間近で『シンデレラガールズ』や『ミリオンライブ!』のサポートメンバーが歌い出したりの嬉しいサプライズもあった。観客の数だけ感想があるであろうステージの妙と、練りに練られたセットリスト、そして半野外のドームという難しい環境からすれば理想的とも言える音響の良さは、アイマスライブチームのノウハウの結晶だろう。アイマスライブといえば客席のサイリウムも名物のひとつだが、沼倉の「Rebellion」では歌詞に合わせて会場全体のサイリウムが瞬時に真紅に染まり、「虹色ミラクル」では会場が虹色のサイリウムに満たされた。こうした「準備」を4万人近くの観客の一人一人がして特別なライブに臨んでいるのも、アイマスが積み上げてきたもののひとつに感じられた。

歌われた楽曲は、釘宮の「Here we go」や下田の「ポジティブ」、たかはしの「9:02pm」のような古いファンには涙モノのアーケードレア曲から、最新曲までの本当にバラエティ豊かな構成。しかし古い曲からは、かつて聴いた楽曲をこれだけ成熟して魅力的な歌として感じさせるようになった歌い手の成長を感じたし、アンコールで歌われた最新曲「Destiny」や「アイ MUST GO!」には10年を積み重ねた歴史と想いがあるからこそ出せる情感を感じた。それはどちらも、彼女たちが10年間たゆまず歩み続けてきて、これからも続いていく道のりに刻まれた確かな足あとだろう。

注目したいのは、これまでアイマスのライブのセットリストではなかなか生かされる機会がなかった「THE 愛」「DREAM」「LOST」の、アイマスの前半期を象徴するような3曲のセット曲が、各ブロックコンセプトの軸として機能していたことだ。この3曲のアルファベットをアナグラムで並べ替えるとと、「THE IDOLM@STER」となる。初日のライブは765プロ全員で歌うはじまりの楽曲「THE IDOLM@STER」ではじまり、最後は同じ曲を765プロと、これから一緒に未来を支えていく『シンデレラガールズ』『ミリオンライブ!』のメンバーが一緒に歌い、幕を閉じたのだった。

「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2015」初日セットリスト

01 THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+
02 READY!! 765PRO ALLSTARS+
03 START!! 中村繪里子
04 ラムネ色 青春 下田麻美・たかはし智秋・釘宮理恵
05 Pon De Beach 沼倉愛美
06 待ち受けプリンス 今井麻美・原由実
07 YOU往MY進! 下田麻美
08 ALRIGHT* 浅倉杏美
09 自転車 平田宏美
10 DIAMOND 釘宮理恵
11 滝田樹里
12 THE 愛 中村繪里子・浅倉杏美・滝田樹里
メドレーコーナー (CINDERELLA GIRLS・MILLIONSTARSがトロッコで応援)
13 GO MY WAY!! たかはし智秋・今井麻美
14 太陽のジェラシー 中村繪里子
15 おはよう!!朝ご飯 沼倉愛美
16 CHANGE!!!! 下田麻美・平田宏美・滝田樹里
17 First Stage 浅倉杏美
18 Here we go!! 釘宮理恵
19 魔法をかけて! 原由実
20 ふるふるフューチャー☆ 中村繪里子・沼倉愛美
21 ID:[OL] 滝田樹里
22 エージェント夜を往く 平田宏美
23 ポジティブ! 下田麻美
24 The world is all one !! 釘宮理恵・浅倉杏美・原由実
25 9:02pm たかはし智秋
26 蒼い鳥 今井麻美
27 自分REST@RT 765PRO ALLSTARS+
28 DREAM 今井麻美・原由実・釘宮理恵
29 嘆きのFRACTION たかはし智秋
30 Rebellion 沼倉愛美
31 relations 下田麻美・滝田樹里
32 絶険、あるいは逃げられぬ恋 平田宏美
33 オーバーマスター 沼倉愛美・原由実・浅倉杏美
34 Fate of the World 今井麻美
35 KisS 原由実
36 笑って! 中村繪里子
37 またね 釘宮理恵
38 First Step 浅倉杏美
39 君が選ぶ道 滝田樹里
40 風花 原由実
41 細氷 今井麻美
42 LOST 下田麻美・沼倉愛美・たかはし智秋・平田宏美
43 私たちはずっと…でしょう? 今井麻美・中村繪里子
44 Destiny 765PRO ALLSTARS+
45 アイ MUST GO! 765PRO ALLSTARS+
【ENCORE】
46 M@STERPIECE THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
47 虹色ミラクル 765PRO ALLSTARS+
48 THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THREE STARS!!!

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事