【インタビュー】

シュワちゃん、死ぬまで現役宣言!?「楽しいから引退なんてとんでもない!」

1 12年ぶりの"T-800ターミネーター"役作り秘話

 
  • <<
  • <

1/2

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(7月10日公開)で12年ぶりにシリーズ復帰を果たした俳優アーノルド・シュワルツェネッガー。本作は、シュワ演じるT-800が、第1作で自身が演じたT-800と対決するという新旧バトルが見どころとなっているが、シュワは「アクションだけでなく人間味が加わった」と本作について語る。そして、今回のT-800は、ヒロインのサラ・コナー(エミリア・クラーク)と過ごす時間が長いため「人間性が強い」と。

そんな人間らしさの加わったT-800は、どのようにして作り上げられたのか。また、67歳とは思えない鍛え上げられた肉体を維持するトレーニング法や、第一線で活躍し続ける秘訣など、本人にインタビューした。

アーノルド・シュワルツェネッガー 1947年7月30日、オーストリア、シュタイアーマルク州タール生まれ。ボディビルダーとして数々の大会で優勝経験を持ち、1969年に長編映画デビュー。『コナン・ザ・グレート』(1982)で大ブレイクし、『ターミネーター』(1984)で俳優としての地位を確立。2003年から2011年にかけカリフォルニア州知事も務めた

――本作の撮影で印象に残っている出来事を教えてください。

あらゆる場面が楽しくて、あらゆる場面を覚えているよ。複雑な演技をしなければいけないシーンや、楽しいシーンもあったし、技術的なからみで難しいシーンもあった。CGは後から加えるので、そういうシーンの撮影では、"無"を相手に芝居をするんだ。それは振り付けをしているようなもので、「1、2、3…」と数を数えて、スタントコーディネーターが考えた振り付け通りに動いていく。そういうのは忘れられないね。

――今回のT-800は、ロボットでありながら人間らしさがあるという役どころ。無理やり笑った表情が印象的でしたが、この"ロボットだけど人間らしい"という演技において工夫した点など教えてください。

第1作の時は、完全なるマシーン。人間味が少しもない、そういうように演じた。今回は、サラと長く付き合っているから人間的要素が入っている。だから彼は、人間であるようにする。時々は失敗するけど、成功する時もある。そのあたりの割合が俳優としてはとてもおもしろかったよ。

――無理やり笑ったあの表情は、すぐにできたんですか?

ノー! 人間の笑いは、おかしくておなかから笑うのが普通。でも、T-800はそういう感情がないわけだから、形だけまねする。だから、いかにもわざとらしくて、本当には笑っていないという表情にしたんだ。

――67歳とは思えない体で激しいアクションを披露されていますが、毎日1時間半やっているというトレーニングの内容は?

自転車の機械や、各部分を鍛える機械、いろんな重さのウエイト、腹筋、そしてストレッチ。朝30分だけ自転車をして、夜に1時間ウエイトトレーニングをする日もあれば、朝1時間やって夜30分の日もある。また、公共のジムが家から自転車で30分の距離にあるので、30分かけて行って、45分くらいジムでトレーニングして、帰りも30分自転車で帰るという日もあるんだ。

――本作のためにトレーニング内容をハードにして、体重を4.5キロ増やしたそうですが、何キロから何キロになったんですか?

約100キロから4.5キロ増やし、また落としたよ(笑)。

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 12年ぶりの"T-800ターミネーター"役作り秘話
(2) 第一線で活躍し続ける秘訣とは?

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー
[09:02 6/29] エンタメ
【連載】グローバル企業が押さえておきたいITインフラの勘所 第4回 データセンターをどう選ぶ?知っておきたい4つのカテゴリー(前編)
[09:00 6/29] 企業IT
【レポート】家電量販店は"男性社会"にあらず - ビックカメラ女性人事に聞く
[09:00 6/29] 経営・ビジネス
フット後藤、指原2連覇で"喜んでいた"を否定「すげぇなという驚きです!」
[08:13 6/29] エンタメ
横山裕、フット後藤のMC術に敬服「『日本一!』まで言うたろかなと」
[08:13 6/29] エンタメ

本音ランキング