【ハウツー】

月額1,000円以下の格安データ通信専用SIMのサービスまとめ

1 月額1000円以下の格安データ通信専用SIM:その1

 
  • <<
  • <

1/5

携帯電話とスマホを2台持ちまたは2台目のスマホやタブレット利用で、通信容量はさほど必要ない場合、使ってみたいのがMVNOのデータ専用の格安プラン。MVNO各社の月額1,000円以下で利用できるデータ通信専用のプランやサービス内容をまとめた。

IIJmio: データ通信専用SIM(3GB)

安定した通信で人気が高く、ビックカメラと提携したBIC SIMも出しているIIJmio。その最も格安なのが「データ通信専用SIM」の3GBプランで、月額900円(税別)だ。なお、SMS対応は別のプランがあり、このプランでSMS機能は含まれていない。

通信規制は原則として行われない。ただし、高速通信容量(クーポンと呼ばれる)の残量がない、またはクーポンをOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信)で3日あたり366MBに達した場合に実施される。

このほか、IIJmioではLTEでの高速通信容量が余った場合に翌月に持ち越しできる。加えて、iOS/Androidアプリ「IIJmioクーポンスイッチ」を使うことで、クーポンを利用しての下り最大225Mbpsまたはクーポンを利用しない下り最大200kbpsのどちらかの通信を選択し、クーポンを節約することが可能だ。

NifMo:データ通信プラン(3GB)

ニフティが提供しているNifMoのデータ通信プランの3GBタイプは月額900円(税別)で、このプランの場合においてSMS機能は利用できない。また、通信規制は3日で650MBと比較的多めだ。

@niftyのポイントサービス「NifMo バリュープログラム」を通して買い物やアプリのダウンロードをしてポイントを貯めることで月額料金の割引を行なうことができ、継続して使う人にとっておトクなシステムを導入している。

また、専用アプリ「NifMo コネクト」を利用すればBBモバイルポイントへのWi-Fi接続が可能になり、通信容量を軽減させられる。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 月額1000円以下の格安データ通信専用SIM:その1
(2) 月額1000円以下の格安データ通信専用SIM:その2
(3) 月額1000円以下の格安データ通信専用SIM:その3
(4) 月額1000円以下の格安データ通信専用SIM:その4
(5) 月額1000円以下の格安データ通信専用SIMのトレンドとは?

人気記事

一覧

新着記事

東武スカイツリーラインに『クレヨンしんちゃん』25周年記念ラッピング電車
[20:45 9/30] ホビー
相模鉄道・相鉄バス、11月に制服リニューアル - 横浜をイメージした濃紺色
[20:31 9/30] ホビー
小林麻央、胃がんで亡くなった黒木奈々さんを「今も時々想う」
[20:26 9/30] エンタメ
アンガ田中、"中日ドラゴンズかわいそう芸人"を熱望「今やってあげないと!」
[20:24 9/30] エンタメ
[アメトーーク]週2回放送に宮迫は悲鳴 蛍原は野望「“帯”目指してます」
[20:22 9/30] エンタメ