【レポート】

新ゲームアプリ『シンデレラガールズ スターライトステージ』が始動! アニメ第2期の情報も - 『デレラジA』公開録音イベント開催

2015年7月よりTVアニメ2ndシーズンが放送される『アイドルマスター シンデレラガールズ』のWEBラジオ『デレラジA』の公開録音トーク&ミニライブ「デレソニ」が6月28日、埼玉・大宮ソニックシティで開催された。

まずは当日、バンダイナムコエンターテインメントの石原章弘総合ディレクター、アニプレックスの鳥羽洋典プロデューサー、TVアニメ『シンデレラガールズ』プロデューサー役の武内駿輔から発表された新規情報の数々を紹介する。

夜の部では新スマホゲームアプリ『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』がiOSとAndroidでリリースされることが発表された。ジャンルはリズムゲームで、今晩21時より事前登録がスタートしている。石原Dが「すごい発表」との前置きで新作ゲームアプリのリリースを告知すると、会場は大きな歓声に包まれた。最新PVを見た武内は「あの衣装のアイドルたちが携帯で見られると思うと夜も寝られないです!」と大興奮。石原Dは「アニメ準拠ではなく、今まで『シンデレラガールズ』を応援してくれた人が喜んでくれる、おそろしいボリュームのゲームになっています」と、アニメに登場した以外にも多くのキャラクターが登場することを予感させた。

夜の部では、鳥羽プロデューサーがアニメ『シンデレラガールズ』BD第5巻とPS3ゲーム『グラビアフォーユー!』がセットになった『G4U!』パックの第5弾を紹介。プールの中でTシャツから水着を透けさせた未央のジャケットイラストには大きなどよめきと歓声が起こっていた。鳥羽Pからは、BDに収録されるアニメ本編映像にさらにこだわった修正が入っていることも語られた。

さらに石原Dから、7月18日・19日に西武プリンスドームで開催されるアイマス10周年ライブ「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」の約39,000席がほぼ完売に近い状況が報告され、会場からは大きな拍手が起こった。西武ドームライブについては、ライブビューイングもかなり埋まり始めているとのことだ。また、8月2日、8月23日に行われる『シンデレラガールズ』の夏フェス「SUMMER FESTIV@L 2015」についてもライブビューイングの実施が新たに明かされるなど、まさに盛りだくさんの告知だが、8月2日に舞浜で開催される「SUMMER FESTIV@L 2015」初日では、『シンデレラガールズ』4周年にまつわるさらなる告知があることが予告されていた。

昼の部ではTVアニメ『シンデレラガールズ』2ndシーズンキービジュアルを、2ndシーズンOP「Shine!!」と共に初公開。鳥羽Pがキービジュアルについて「高雄さんのアイデアで制作した、2ndシーズンの象徴的なビジュアルです。メンバー全員が手をつないでいて、『シンデレラガールズ』の最初のPVにもつながるものです」と紹介すると、武内は「みんな何か大きなものを得て、改めて一歩踏み出すイメージを感じます」とコメント。そしてバックに流れていた「Shine!!」を収録したシングルが、8月5日に発売されることが明かされた。さらに第4回シンデレラガール総選挙上位アイドルによるCD「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Absolute NIne」(7月29日発売)に収録される「Abusolute NIne」「つぼみ」の新曲2曲の音源が会場で初披露された。

そしてアニメ放送開始(7月17日)と、西武プリンスドームでのアイマス10周年ライブ開催(7月18日・19日)を記念したニコニコ生放送の配信も決定。7月7日には「アイドルマスター シンデレラガールズ特番・七夕の夜に輝く星に願いを!」として福原綾香(渋谷凛役)、山本希望(城ヶ崎莉嘉役)、青木瑠璃子(多田李衣菜役)、五十嵐裕美(双葉杏役)らキャストによる正統派生放送を、7月17日には「アイドルマスター10thライブ直前&アイドルマスターシンデレラガールズ2ndシーズン放送直前スペシャル 西武プリンスドームより「I」を込めて!」として、石原章弘氏(総合ディレクター)、中川浩二氏(サウンドプロデューサー)、鳥羽洋典氏(プロデューサー)、高橋祐馬氏(宣伝プロデューサー)が参加するスタッフ中年男性たちによる生放送を行われるとのことだ。

「デレソニ」昼の部

昼の部には『デレラジ』パーソナリティの大橋彩香(島村卯月役)、福原綾香(渋谷凛役)、佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)に加えて、ゲストとして原紗友里(本田未央役)、黒沢ともよ(赤城みりあ役)、山本希望(城ヶ崎莉嘉役)、今井麻夏(佐々木千枝役)、長島光那(上条春菜役)、和氣あず未(片桐早苗役)、武内駿輔(プロデューサー役)が登場した。

出演者たちは色とりどりのキュートなミニ浴衣っぽい衣装で登場。今井麻夏、長島光那、和氣あず未の3人は、アイマス関連イベントには初登場のフレッシュな顔ぶれだ。それぞれに緊張の面持ちで、眼鏡を愛する上条春菜役の長島は赤いフレームの眼鏡を着用して登場した。今回の公録パートは、大橋・福原・佳村の「大福村」、原・黒沢・山本の「ウルトラスーパーパッション(U・S・P)」、今井・長島・和氣の「リトルメガポリス」の3チームに別れての対決形式。どのチームが会場をより盛り上げたかの判定は観客とプロデューサー役の武内駿輔が行い、勝利チームは7月6日放送分の『デレラジA』の番組を乗っ取ることができるという趣向だ。

対決では「キュートに自己紹介」「プロデューサーとしてアイドル武内さんをスカウト」「会場アンケートでYES/NOの数を競う」「アニメ大喜利バトル」といったコーナーに挑戦。中でも盛り上がったのは、出演者たちがプロデューサー(武内)をアイドルとして逆勧誘するコーナーで、黒沢が流れを気にせず「(武内が得意な)美輪明宏のモノマネして」と何度も要求したり、福原がミュージカルスター風に語りかけたりと先輩女性声優から17歳の武内に対する無茶ぶりが続出。懸命に応える武内の姿に会場は爆笑の連続だった。どのチームが勝利したかは、7月6日の放送を楽しみにしてほしい。

後半パートでは出演者による生ドラマを実施。ドラマのストーリーの流れに沿って美嘉たちが"私たちが見本になるライブを見せてあげる"とシームレスにミニライブに入る実験的な試みだ。アニメでは先輩アイドルとして一歩先を走る城ヶ崎美嘉役の佳村はるかが「TOKIMEKIエスカレート」で先陣を切り、アニメで中心的な役割を果たすnew generationsの3人が「ミツボシ☆☆★」(原)、「Never say never」(福原)、「S(mile)ING!」(大橋)を畳みかけるように披露。数多くのステージを重ねて成熟したソロナンバーを、いつもと違った浴衣風衣装で新鮮に見せた。

最後は出演者全員で『シンデレラガールズ』全体のテーマソング「お願い!シンデレラ」を披露。まだソロ曲がない今井、長島、和氣の3人にとっては正真正銘のアイマス初ステージで、3人にとっても集まったファンにとっても忘れがたいステージとなったはずだ。

「デレソニ」夜の部

夜の部には『デレラジ』パーソナリティの大橋彩香(島村卯月役)、福原綾香(渋谷凛役)、佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)と、ゲストの原紗友里(本田未央役)、黒沢ともよ(赤城みりあ役)、山本希望(城ヶ崎莉嘉役)、桜咲千依(白坂小梅役)、金子有希(高森藍子役)、鈴木絵理(堀裕子役)、武内駿輔(プロデューサー役)が出演した。

公録パートは昼間と同じく対決形式。大橋・福原・佳村の「大福村」、原・黒沢・山本の「ウルトラスーパーパッション(U・S・P)」はそのままで、夜の部は桜咲・金子・鈴木の「ゆるふわサイキックホラー」が加わった。今度勝利チームに与えられるのは、7月13日放送分の『デレラジA』番組乗っ取り権だ。

夜の部の対決では「癒やし対決」「デレソニはなんの略? あいうえお作文」「会場アンケートでYES/NOの数を競う」「怪談トークバトル」が実施された。「癒やし対決」ではファッションに関する相談に、カリスマJK役を演じる佳村が鮮やかに解答。あいうえお作文では福原がきっちり番組の宣伝につなげるなど、パーソナリティトリオである「大福村」がいいところを見せた。そして「怪談トークバトル」では桜咲がリアルな恐怖体験を語って、流石は小梅役と会場を唸らせていた。

夜の部の生ドラマでは、お祭りを舞台にした物語を披露。くじでおこづかいを使ってしまった未央や仲間たちが、優勝者に賞金が出るお祭りのカラオケ大会に挑戦するという設定のドラマから、ミニライブに突入した。原が「賞金もほしいけど、私がもっとほしいのは会場のみんなの声援です!」と叫んで「ミツボシ☆☆★」で切り込み隊長役を務め、佳村の「TOKIMEKIエスカレート」から「S(mile)ING!」(大橋)、「Never say never」(福原)と曲目は順番以外昼の部と同じだったが、ドラマ、衣装、そしてミニライブに共通の物語を持たせるステージとしては、より完成度の高いものになっていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事